沼端系

 
再訪・守谷城址公園

相棒と私の休日が一致した日、自転車で遠乗りに出かけた。
向かう先は守谷城址公園。

年始に鳥見のついでに立ち寄ったものの、肝心の城跡を見ずに帰ってしまったので再訪することに。
前回は電車と徒歩で行ったが、自転車でも1時間ほどで行けるとわかった。

 

この日は朝から濃霧で、視界ぼんやり。

ここらは10月の台風で水没していた利根川調整池エリアだが、さすがに復旧していた。

 

初めて渡る新利根大橋。

 

「守谷野鳥のみち」の駐車場に自転車を停め、鳥見がてら城址公園に向かう。

濃霧は晴れつつあり、日暈が出ていた。


年始に来たときには「守谷野鳥のみち」では目ぼしい野鳥には出会えなかった。

今回も城址公園までのごく短時間・短距離のルートなのであまり期待はしてなかったが

 

メジロ メジロ
葦原にメジロの群れがいたり(群れだったけど動きが速く、単独でしか撮れなかった)

 

ホオジロ カシラダカ
樹上にホオジロとカシラダカがいた。
腹側が茶色いのがホオジロで、白いのがカシラダカなのだそうな。

 

前回、カワセミを見られた守谷沼にも寄ってみるが……

カルガモ
そんなに毎回見られるものでもないらしい。今回いたのはカルガモだけ。

 

 

守谷城趾

目的地、守谷城趾に到着。
小高い丘に案内板があるだけで、城も石垣も何もない。

 

 

案内板を見て驚いたのは、かつて、ここらへんは

内海に囲まれた出島のような場所だったということ。
前回私たちが泥にハマったあたりは堀ではなく内海だったらしい……。

 

案内板の近くに小鳥が降りてきた。ファインダーを覗くとヤマガラであった!

初めて見るヤマガラに狂喜! 可愛い〜!! 
落ち葉に覆われた地面の上で2羽のヤマガラがなにかをついばんでいる。虫かどんぐり? 
撮れた画像を見てみると、どんぐりよりは小さな木の実に見える。

 

ヤマガラ ヤマガラ

 

ヤマガラ ヤマガラ

もっと近くで撮りたくて前に進むとヤマガラは遠ざかり樹上へ。
そんなことを繰り返しているうちに見えないところまで逃げてしまった。
「ニーニーニー」という声だけがいつまでも聞こえていた。

 

守谷城址公園に隣接した北園森林公園にも足を伸ばしてみた。
時間をかけて見ればいろいろ居たのかもしれないが、
今回は道路沿いをチラ見する程度に。たくさんのツグミ(画像なし)と

 

シロハラ
↑シロハラがいた。

 

見る予定のところを見終わったので、自転車を置いた場所まで戻ろう。
年始に泥にハマったことを苦い気持ちで(笑)思い出しながら、
今回は安全な土手上のルートを行く。

 

↑年始に私たちが無視して進んだバリケードと舗装路。

 


↑舗装路は以前にも増して冠水している。

 


↑年始に私たちが泥にはまったあたり。こりゃ通れないね。

 

 

↑土手上の歩道沿いに咲いていた野良フユシラズ。

 

 

 

カワラヒワの群れ カワラヒワの群れ
自転車での帰路、電線の上に100羽を超える小鳥の群れが。
 

カワラヒワの群れ カワラヒワの群れ

カワラヒワの群れだった。こんなに数が多いのはあまり見たことがない。
(スズメの群れだと思った相棒はどんどん先に行ってしまった)

 

 

 

蜀味三国

↑店名に惹かれてランチに寄った中華料理店「蜀味三国」。
蜀って現在で言うとどこらへんだっけ?

四川料理と台湾のラーメンなどがメニューに載っているので、そっちのほうか。

 

 

ラーメンとチャーハンのセットに漬物と杏仁豆腐まで付いて780円。
1.5人前……いや、1.8人前ぐらいのボリューム。
しかも、別テーブルに用意されたセルフサービスの
サラダ、煮卵、ギョーザ、フルーツポンチなども無料!
自転車と徒歩で消費したカロリーを上回ってしまう。(でも完食)

 

※私が食べたのは台湾味噌坦々麺と辛チャーハン。どちらも美味しかったが
 東南アジアのチャーハンのように甘くて辛いチャーハンが特に美味しかった。

 

 

ハヤブサ ハヤブサ

帰宅してみると、またハヤブサが来ていた。
今回もやっぱり「野鳥の道」よりも他のところのほうが鳥をいろいろ見られたなぁ。

 

 

 

 

| tri | | 22:10 | comments(2) | - | -
サイン

倉庫でピッキングや検品などの仕事をしている。
ピッキングリスト(出荷指示書)に従ってピックや検品をする作業者は
↓このように、作業後にリストにサインをするかネーム印を押印する。

誰が作業したかわかればいいので、漢字でもカナでも頭文字だけでも
走り書きでも汚い字でもお咎めなし。

 

私はシャチハタのキャップレスを使っている。サインするより楽で早いので。

落としたり置き忘れたときに目立つようにデコシャチに。

 

 

自分が押印するとき、前行程の人のサインやはんこが ふと目に入る。

 

↑外国籍のスタッフが慣れないカタカナでがんばってサイン。


↑ある日、サインからネーム印に変わってた! 
「ダグラスさん、シャチハタ作ったんだね〜」

 

↑こんな可愛いネーム印もあると知った。

 

↑同姓が何人か居てもサインに個性があるので、多分どの人かわかる。

 

↑同姓ネーム印も書体が違ってたり。

 

↑見えないのでインク補充してください。

 

↑ある日、こんなサインがしてあって

 

「………… ピックしたのはトキ?!(「北斗の拳」の登場人物) 」と思ってしまった。

いやいや、名前じゃないよ。そういう姓の人だってば!

 

 

 

※記事中に出てくるネーム印やサインの画像は再現画像です。

 

 

 

 

 

| tri | 雑談 | 21:22 | comments(0) | - | -
キャッシュレス還元サービスをPASMOで

昨秋から「キャッシュレス・ポイント還元事業」というのが始まったのはなんとなく知っていたが、
私はスマホを持ってないし、ネット通販以外ではクレジットカードを使う気もないし
デビットカードを作る予定もないので、自分にはあまり関係ない話だと思っていた。

 


年明けて1月。
毎週のように買い物している農産物直売所「かしわで」の店頭にも
「キャッシュレスで5%還元」のポスターが貼られているのに気づいた。
(多分10月から貼ってあったのだろうけど目に入ってなかった)
そしてポスターをよくみてみるとPASMOによる支払いでも還元されると書いてある。
PASMOなら持ってるし、それで還元されるなら使ってみようかなと思い立つ。

 

普段電車に乗るときに使っているPASMOとは別に、
なにかの理由で作ったPASMOが引き出しの奥にしまってあるので

それを買い物専用に使おう。まずはチャージだ!

と、駅の券売機でチャージしようとしたらできない。
10年以上も寝かせてあったので失効していたらしい。
身分証明を持って有人改札まで出直し、失効PASMOの残金とデポジット料金の払い戻しを受ける。
そして新たにPASMOを購入・チャージした。

 

 

2月第1週、「かしわで」で買い物してPASMOで支払う。
即時還元されるものと勝手に思い込んでいたのだが、レシートを見てみると還元されていない。
おや? ではいつどうやって還元されるんだろう?
この日は時間に余裕がなかったので、その件はとりあえず保留。

 

2月第2週、また「かしわで」で買い物。前週の疑問をレジで尋ねてみた。
クレジットカードならば引き落とし時に還元されるが、
PASMOの場合はどうなのか、レジの人にもわからないということで
すぐに事務所に問い合わせていただいた。

で、わかったのは、
「まずはネットでPASMOの登録手続きをする必要がある」ということ。
そうなのか……。思ってたよりも手間がかかるなぁ。

買い物帰りに自転車を漕いでいるときも、

そのことが気になって他のことを考えられない(笑)。


帰宅してすぐに「キャッシュレス還元 PASMO」で検索してみると、
PASMO(パスモ)キャッシュレスポイント還元サービス
というキャンペーンサイトが表示された。

 

とてもわかりやすいサイトで、ここから登録もできるので早速登録してみる。
氏名はもちろん住所や電話番号などの個人情報も入力する必要がある。
(まぁ、そうだろうとは思っていたけど)
ただし銀行の口座番号などは必要ない。
なぜなら、ポイント還元を受けるために駅まで出向かねばならないシステムなので。


ふぅ。これでようやく還元を受けられる。
と言っても次に還元を受けられるのは4月らしい。

 

 

 

 

| tri | 雑談 | 19:10 | comments(0) | - | -
ブラッシングブライド

フロックス・ブラッシングブライド フロックス・ブラッシングブライド
9月に種まきしたフロックス・ブラッシングブライドが1月から咲き始め
いま見頃になっている。気が早いな。
 

フロックス・ブラッシングブライド フロックス・ブラッシングブライド

白地で花の中心がピンクのグラデーションになっていてとてもきれい。

 

フロックス・ブラッシングブライド フロックス・ブラッシングブライド

「ブラッシングブライド」という名前、正確に調べる前は
「薄化粧した花嫁」みたいな意味かなと思っていた。
純白衣装の花嫁が、化粧ブラシで頬紅や口紅をつけてるようなイメージかと。


実際に調べてみると
× brushing(ブラシ仕上げ) 
○ blushing(顔を赤らめた)
ということで、
正解は 「blushing bride(頬を染めた花嫁)」だとわかった。
ロマンティックですてきなネーミングだなぁと思った。


この件で調べていて、
セルリアという花の英語名も Blushing bride であると知った。

https://replant.tokyo/blushing-bride/


故ダイアナ妃のウェディングブーケに使われたとか、ヤマモガシ科とか
知らなかったことがいっぱいのきれいな花。
実物を見てみたくなったが、花屋で出回るのは6〜12月ということで少し待たねばならない。

 

 

| tri | 植物 | 15:55 | comments(0) | - | -
長ネギ長めに斜め切り

長ネギ長めに斜め切り


「長ネギ長めに斜め切り」って早口で言ってみて!

 

ながねぎながめぎながめぎり……?

 

 

 

 

 

 

| tri | 雑談 | 21:42 | comments(0) | - | -
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

このページの先頭へ