沼端系

 
<< 夏至にたこ焼きを食べよう! | main | Physical >>
流山の万華鏡ギャラリー

流鉄流山線に乗って「万華鏡ギャラリー見世蔵」に行ってみた。

流鉄に乗るのは6年ぶりか。前回乗ったときの記事があった。(2011年6月27日の記事

 

流山線が単線なのはわかるとして、同行した友人と待ち合わせした
鰭ケ崎駅のプラットホームが1本しかないとは知らなかった。
上り線も下り線も同じホームに停車するとは、驚き。

 

鰭ケ崎駅から流山駅までは二駅なのであっという間。

 

流山駅に停車する流馬号

流山駅に停車する流馬号。7月いっぱいで引退するとかでヘッドマークを付けている。
引退と言っても改装するだけらしいけど。


参考記事【マイナビニュース】
流鉄5000形「流馬」7/30さようなら運転 - 新塗色・新愛称で来春再デビュー

 

 

あかぎ なのはな

ホームの反対側に停車していた あかぎ号と、留置線上(?)にいた なのはな号。

 

ろこどる

ろこどる ねぇ……。

 

 

万華鏡ギャラリー見世蔵は流山駅から徒歩5分。入場無料。
小さなスペースに所狭しと万華鏡が展示されている(万華鏡の外観は撮影OK)。
今回は「万華鏡世界大会 2017 in Kyoto 出品作家作品展」の会期中で
たぶん常設とは異なるすごい万華鏡が集結していたものと思う。
 

 

万華鏡ギャラリー見世蔵

台上に展示してある万華鏡は、接眼位置や回転位置がさまざまなので
ギャラリーのスタッフさんが見方を教えてくれる。

 

万華鏡ギャラリー見世蔵

 

万華鏡ギャラリー見世蔵

顕微鏡に似た形をしたタイプや
 

万華鏡ギャラリー見世蔵

 

万華鏡ギャラリー見世蔵

一見、箱のような形をしていて側面や上に覗き穴があるタイプなどなど、
凝った外観のものばかり。ステンドグラスの手法を採用しているものも多い。

 

いずれも照明が内臓されていて、覗きながらツマミや歯車を回すことで

模様の変化を楽しめる。内部の模様を画像で紹介できないのが歯がゆい。


作家さん入魂の作品の数々は本当に美しくて、こんな万華鏡があったのか、
宝物として手元に置きたい、いつまでも眺めていたい……そう思った。
見た誰もが魅了されるに違いない。

 

台上のほか、ショーケース内にも一般的な筒型の万華鏡が多数展示してあり見応え満点。

 

“体験型万華鏡”プリ蔵 “体験型万華鏡”プリ蔵
“体験型万華鏡”プリ蔵では、自分の顔が万華鏡内に!

 

販売コーナーには万華鏡に関する書籍やポストカード、手作り万華鏡キットなどがあり、
私たちも手作りキットを購入した。

 

 

近藤勇陣屋跡

流山まで来たついでに近藤勇陣屋跡を見学。
ボランティアのガイドさんが解説してくれた。

 

 

切り絵行灯

流山名物、切り絵行灯。ランチは「蔵のカフェ+ギャラリー 灯環」にて。

 

農園野菜のごはんプレート りんごとチーズのみりんバターケーキ

予約なしで行ったが、数量限定の「農園野菜のごはんプレート」を食べられてラッキー!
名物、みりんスイーツ「りんごとチーズのみりんバターケーキ」がまた超絶美味!
来てよかった〜♡

 

 

手作り万華鏡キット

手作りキットはこんな感じ。

 

手作り万華鏡キット 手作り万華鏡キット
ミラーだけ組み立ててみた。

これで花や花の写真を覗くととてもきれい!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| tri | 雑談 | 23:55 | comments(4) | trackbacks(0) | -
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 23:55 | - | - | -
こんにちは、お元気ですか!
お花の万華鏡写真、とってもきれいです。小さい花が、より美しい模様になるんですね。
| で | 2017/08/16 10:35 AM |

お久しぶりです。
万華鏡のミラーで覗くとあらゆるものが美しく新鮮、なかでも花が特にすてきで
いつまででも眺めていたいです。
| tri | 2017/08/17 7:00 AM |

本当に!
季節とともに花が変わっていくと、新作の登場が楽しみです。
| で | 2017/08/20 8:19 PM |

そうですね。次は何を覗こうか…。我が家の花は多分春までお休みです。
| tri | 2017/08/20 11:35 PM |










http://sunamachi-kei.jugem.jp/trackback/1382
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

このページの先頭へ