沼端系

 
<< Lady of the ring | main | できた! 一平米のナマクワランド >>
ベランダ・ナマクワランド化計画の誤算

ナマクワランドとは、南アフリカ共和国内に位置する半砂漠地帯。
8〜9月にかけての2・3週だけ広大な花園が出現することで知られている。

 

↓西遊旅行サイト内の地図
http://www.saiyu.co.jp/itinerary/129/GAZA11/images/map.gif

 

webマガジン wondertrip
砂漠に一瞬だけ出現する奇跡の花園『ナマクワランドの花畑』

 


南アフリカ原産の園芸植物は結構いろいろあり、これまでに何度となく栽培したが、
今シーズンは「ナマクワランドの花園を切り取ってきたみたいなベランダにしよう」
というテーマで種子を購入してみた。

 

フェリシア、ディモルフォセカ、オステオスペルマムの種子

 

種袋

 

いずれも南アフリカ原産で、栽培が簡単なデイジーたち。
【青】一年草タイプのブルーデイジーのフェリシア、
【オレンジ】ナマクワランドの主役・ディモルフォセカ、
【赤紫系】ディモルフォセカと近縁のオステオスペルマム。

 

 

本当は、南アフリカ原産のアブラナ科の青い花・ヘリオフィラもここに加えたかった。

 

ヘリオフィラ

 

↑これは数年前に育てたときのヘリオフィラ。
その頃は種苗会社のカタログから普通に購入できたのに、
今シーズンはどうしても入手できなくて無念。不人気なのか!?

 

ともあれ、入手できた3種類を10月に種蒔きして育て、
↓いま、ディモルフォセカが花盛り……。計画よりもだいぶ早い。

 

ディモルフォセカ

 

↓他の2種類の開花はたぶん2〜3週間後あたりか。
 

オステオスペルマムの苗

 

フェリシアの苗

 

その頃にはディモルフォセカがもう咲き終わっている可能性あり。
全部同時期に咲いてこそナマクワランドを再現できるというのに
こんなに時間差がついてしまうとは計算外であった。
ディモルフォセカ、あと一ヶ月ほどがんばって咲き続けてくれ。
フェリシアとオステオスペルマムは急いで咲いてくれ〜。

 

 

 

| tri | 植物 | 16:48 | comments(0) | trackbacks(0) | -
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 16:48 | - | - | -









http://sunamachi-kei.jugem.jp/trackback/1356
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

このページの先頭へ