沼端系

 
<< 焦げパン | main | ぬまなんのほう >>
三途の川の渡り賃(2)
※三途の川の渡り賃(1)については2010年1月7日の記事参照。

真田六連銭?
↑コレは実は6枚のデータCD。

1985年放映の水曜時代劇「真田太平記」があまりにも面白く
そのことを忘れ難く思っていたので、
今年の大河ドラマ「真田丸」にはあまり期待していなかったが
見始めたら思いのほか面白くてハマっている。

アバンタイトルなしでテーマ曲から始まるところがいい。
「前回までのあらすじ」を場面集ではなく文章で簡潔に見せてくれるのもいい。

草刈正雄の真田昌幸がいいのはもちろん、ばば様も薫様も好きだなぁ。
まつさんも復活できてよかった。
出浦昌相が最高にかっこいいし、
信義の人・上杉景勝様はどことなく頼りないけど心惹かれる。

しかしアレだな、きりちゃんの描かれ方が可哀想すぎる。
あんな面倒くさい人物が身近にいたらヤだなと思う。
いつか、好きになれるんだろうか。

 
| tri | 雑談 | 01:01 | comments(0) | trackbacks(0) | -
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 01:01 | - | - | -









http://sunamachi-kei.jugem.jp/trackback/1325
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

このページの先頭へ