沼端系

 
<< チーバ君のつま先(後編) | main | 鋸山 >>
トンビの餌付け
チーバくんのつま先(後編)のつづき。
泊まった宿の名物、トンビの餌付け。
海に向かってせり出したバルコニーで毎朝7時半ごろから行われる。
6時台はどんよりと曇っていた空が晴れてきた。

トンビの餌付け

餌付け担当のおじさんが餌の準備を始めると、
トンビばかりでなく近所の野良猫が集まってくる。
ポリ容器内の魚の切り身を狙う猫と、追い払おうとするおじさんの攻防。

トンビの餌付け トンビの餌付け

おじさんが手ぬぐいを振り回しながら何かトンビに呼びかけると、それが餌付け開始の合図。
おじさんや宿泊客が投げた切り身をトンビがキャッチする。

トンビの餌付け トンビの餌付け





低空で待機するトンビたち。
トンビって英語では kite(=凧)。
向い風を上手につかまえて中空に静止している様子はまさしく凧のよう。
何枚も撮影してしまった。

トンビの餌付け トンビの餌付け

トンビの餌付け

巣材を運んでいるトンビ
 
春はトンビの営巣期だそうで、部屋の窓からは巣材を運んでいるトンビや
ナワバリをめぐって? カラスとバトルしているトンビを見かけた。

さらば、州埼灯台! 

のんびりと朝食をとり朝風呂でくつろいでからチェックアウト。
さらば、州埼灯台!
この角度から見る州埼灯台の外観って、
絵本作家・葉祥明さんの描く建物みたいだなぁ、と思った。

葉祥明さん風

↑葉祥明さん風に画像加工。


次に向かうは鋸山
小学生だった頃、臨海学校の帰りがけに登った鋸山を再訪する。

ところで、その臨海学校は館山市・塩見にあったのだが、
今は閉鎖されて売りに出されているので驚いた。

宿のマイクロバスで館山駅まで送ってもらうルートから建物が見えるかな?
と思ったが、残念ながら見えなかった。

 
| tri | 千葉旅 | 20:53 | comments(0) | trackbacks(0) | -
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 20:53 | - | - | -









トラックバック機能は終了しました。
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

このページの先頭へ