沼端系

 
東京大学柏キャンパス 一般公開2017

去る10月28日(土)東京大学柏キャンパスの一般公開へ行ってきた。
毎年この時期の金曜・土曜開催の一般公開、何年も前から気になっていたんだけど、
勤務日の関係で行けなかった。やっと見られる!

 

柏の葉キャンパス駅からの無料シャトルバスに乗って十分ちょいで到着。
まずは(1)総合案内所=図書館でガイドマップをもらう。

東京大学柏キャンパスの一般公開 東京大学柏キャンパスの一般公開

広すぎてどう回っていいかわからないので、とりあえず番号順に行こう。

 

 

一般公開のマスコットキャラクター「ごろくろー」とチーバくんもいる♪

東京大学柏キャンパスの一般公開



(2)大気海洋研究所の深海魚展示。

東京大学柏キャンパスの一般公開 東京大学柏キャンパスの一般公開

もの言いたげなアンコウたちと立派なノコギリザメ。

 

 

「気候がわかる、温暖化がわかる」の展示でもらったペーパークラフト。

東京大学柏キャンパスの一般公開
2万1000年前の植生分布を色分けした立体地図。

 

東京大学柏キャンパスの一般公開 東京大学柏キャンパスの一般公開

ちょっと難しかったけど組み立てるとちゃんと球体になる!

 


(3)環境学研究系

自然環境学の「骨にさわってみよう」

東京大学柏キャンパスの一般公開 東京大学柏キャンパスの一般公開

千葉の哺乳類の骨格展示。ニホンジカ、キョン、ニホンザルなど。
キョンって思っていた以上に小さいんだなぁ。

 

 

人間環境学の「富士山頂の低酸素環境を体験してみよう」
低酸素ルームに入ってみる。

東京大学柏キャンパスの一般公開

酸素濃度が低いが気圧は1気圧のままなので、特に変化は感じられない。
ただ、血中酸素量を簡易測定器で測定してもらうと、確かに数値が低くなっていた。

 

 

(5)新領域 基盤系

東京大学柏キャンパスの一般公開

ここは建物の造りが目新しくて、一度入ってみたかったんだ!
いや、しかし、この吹き抜けのようなエリアは屋根がないから雨が吹き込む…。

 

 

 

(7)物性研究所

東京大学柏キャンパスの一般公開

「公開実験クイズ」
ステージ上の怪盗マテリアルと名探偵さん。

 

 

東京大学柏キャンパスの一般公開 東京大学柏キャンパスの一般公開
「結晶の色気にメロメロ」の結晶展示。
chalcanthiteっていうんだ。きれい。
 

 

東京大学柏キャンパスの一般公開 東京大学柏キャンパスの一般公開

テレビ石は持ってたけど、コレ見たら方解石も欲しくなった!

 

 

「膜を通して見る世界 〜シャボン玉であそんでみよう〜」

東京大学柏キャンパスの一般公開 東京大学柏キャンパスの一般公開

ここは面白かった! シャボン玉の表面の色は膜の厚みに関係しているという。
【画像左】膜厚と色調の対応チャート。
     膜厚が可視光の波長と一致していると色が鮮やか、
     それよりも薄ければ渋めの色調になり、厚ければ淡い色調になる。

【画像右】長方形の枠に張ったシャボン膜は、重力の影響で上方は薄く下方は厚いので
     チャートによく似た色配列になっている。

 

 

東京大学柏キャンパスの一般公開

物性研究所のスーパーコンピューター。

200平米ぐらい?の部屋にコレがいっぱい並んでいる。

 

 

「光とレーザー」

東京大学柏キャンパスの一般公開 東京大学柏キャンパスの一般公開

プリズムフィルム越しに見るLEDと蛍光灯。このフィルム欲しい。

 

 

東京大学柏キャンパスの一般公開

暗室内でLEDライトを振り動かして、光の軌跡でお絵かき&写真撮影。

4弁の花を描いてみたけど、手の位置とかをもっと工夫すればよかった。

 

 

(8)カブリ数物連携宇宙研究機構でもらった紙袋、カッコイイ〜!

東京大学柏キャンパスの一般公開

 

 

(11)情報基盤センターのスーパーコンピューター

東京大学柏キャンパスの一般公開
物性研究所にあったものと同程度の規模に思えたけど、

「Oakforest-PACS」という名前のコレは

「京」コンピューターを抜いて現在日本一なんだそうな。

 

 

(12)生産技術研究所附属千葉実験場

東京大学柏キャンパスの一般公開 ホワイトライノII

通勤路からも見えて、いつも気になっていたこのサーカステントみたいな構造物は
テンセグリティ建築「ホワイトライノII」という。
「太い柱同士をじかにつながず、張力を使って一体化する超軽量構造」なのだそうな。
 

東京大学柏キャンパスの一般公開

内部はこんなふう。この日は休憩所兼パネル展示場になっていた。

 

 

大空間実験室の銀座線と線路。

東京大学柏キャンパスの一般公開 東京大学柏キャンパスの一般公開

うぉ〜! 鉄子の血が騒ぐのか、なんだか盛り上がる♪

 

 

早足で展示を見てまわるだけでも約3時間。

じっくり見たり体験したり講演も聞いたら10時間以上は必要だろう。

見応え満点の一般公開だった。
東京大学柏キャンパスの皆様、ありがとうございました。

 

 

 

| tri | 地場情報 | 09:25 | comments(0) | trackbacks(0) | -
沼畔のカフェ

手賀沼の東端にあるnumacafe(ヌマカフェ)に行ってきた。


numacafe(ヌマカフェ)

 

numacafe(ヌマカフェ)


ここは手賀沼フィッシングセンターの敷地内の2Fにあり、
かつては「若あゆ」という名の和食系レストランであった。

2012年5月12日2011年1月6日の記事に記載)
 

手賀沼フィッシングセンター

 

手賀沼フィッシングセンター


手賀沼フィッシングセンターは昨夏にリニューアルして
奥手賀ツーリズム」という総合レジャー施設となり、
和食系レストランに代わってお洒落なカフェがオープンした。

 

お目当ては鹿カレー。肉の入荷状況はどうかな?
店員さんにたずねてみると、残念ながら鹿カレーはもう終わりだが、
肉の在庫が少量あるので、ロースト(メニュー外)だったら出せるという。
せっかくここまで来たので、鹿ローストと、名物の鯖カレーを注文することにした。

 

numacafe(ヌマカフェ) numacafe(ヌマカフェ)の蔵書

お冷やとお手拭きはセルフサービス。
ディスプレイラックには雑誌「BIRDER」が置いてあった。
料理が来るまでのあいだも、コレを読んでいれば退屈しない。

 

numacafe(ヌマカフェ)の前菜

鹿ロースト付属の前菜。
シンプルな味付けの蕪ソテーとスナックエンドウソテー、
クミンで風味付けされたニンジンマリネ&赤キャベツマリネ。
とてもおいしかった。

 

numacafe(ヌマカフェ)の鹿料理

待ってました! 鹿すね肉のロースト・バルサミコ風味。

試作中だというメニューを提供していただいた。(前菜・デザート2人分付きで1800円だった)
鹿すね肉はまったくクセがなく柔らかく美味。野菜のローストがまたおいしかった!

 

numacafe(ヌマカフェ)の鯖カレー
鯖ココナッツカレー・副菜付き(950円)。
ごはんを少なめにしてもらったのに、このボリューム。
サバとココナッツとパクチーという組み合わせは東南アジア風?
違和感なくおいしくいただけた。

 

numacafe(ヌマカフェ)のデザート

鹿ロースト付属のデザート。空豆とレモンのアイスクリーム。
レモンの風味が爽やかで、空豆の風味はあまり感じられない。
ほっくりした豆の食感が素朴な美味しさ。

 

 


走行距離約30km。サイクリングでカロリー消費するはずだったのに
こんなに食べてしまっては……。

 

5月はいろいろと贅沢しすぎたから、6月は毎日納豆ともやしだな。

 

 

| tri | 地場情報 | 13:34 | comments(0) | trackbacks(0) | -
あけぼの山農業公園の「農家食堂」

数年ぶりに あけぼの山農業公園へ出かけた。
市内に引越してきた母と同行なので、今回は自転車ではなく
我孫子駅から阪東バスを利用してみた。


「あけぼの山公園入口」のバス停から公園までが思ったよりも遠く(徒歩7分)
その上、バス停には公園への道案内がまったくなかったので
通りかかった親切なひとに道を教えてもらってようやく行き着くことができた。
地図を持って行けばよかったんだろうけど。

 

あけぼの山農業公園は、さくら山やチューリップの花畑が特に有名。
5月はバラとポピーが見頃。

 

あけぼの山農業公園のポピー

↑ポピーの花畑がすばらしい。
この日はお天気が不安定で、ときおり雨がパラついたりも。

 

あけぼの山農業公園のポピー

 

あけぼの山農業公園のポピー

 

 

あけぼの山農業公園の寒緋桜の実

 

↑桜の実がいっぱい実っていた。寒緋桜の実らしい。

 

 

今回ここへ来た目的のひとつが「農家食堂」でランチすること。
もとあったバーベキューガーデンがリニューアルされ、その一部が「農家食堂」になった。
地元野菜を使った料理を食べられる、と市の広報でも紹介されていた。


【柏市役所サイト】

「あけぼの山農業公園食堂がオープン!

 

楽しみにしていたのだけど、メニューの種類が少なくてちょっとがっかり。
野菜カレー、野菜天ぷら付きそばorうどん、普通のそばorうどん、
サーモンorパストラミのサンドイッチ、スープ、飲み物ぐらいしかないとは。
もうちょっとがんばってほしい。

 

食券を購入してカウンターで渡し、出来上がったら取りに行くという
フードコートのような仕組みだ。

 

「農家食堂」の野菜カレー

↑母は野菜カレーを

 

「農家食堂」のサーモンサンドと野菜スープ
↑私はサーモンサンドと野菜スープを注文した。
味はおいしいです♡

 


公園のすぐ近くにある布施弁天でお参りを。

布施弁天の本堂の屋根の下の像
↑本堂の屋根の下にある謎の像(?)
屋根を支える神様なのか、鬼なのか?

 


帰りに寄ったコメダ珈琲。

 

コメダ珈琲 コメダ珈琲の豆菓子

これが豆菓子というものか〜!

 

シロノワール

↑初めて食べるシロノワール。
溶けたアイスクリームを上手に掬えなくてもったいなかった。
食べ方にコツがあるんだってね〜。

 

【NAVERまとめ】
シロノワールの正しい食べ方

 

 

| tri | 地場情報 | 23:53 | comments(0) | trackbacks(0) | -
ホテル・スノーク?!

近所にあるビジネスホテルとその看板。
 

 

HOTEL SUNOAK

 

HOTEL SUNOAK ……
ホテル・スノーク?!

 

スノーク

 

いえ、ホテル・サン オークでした!

※ムーミン谷のスノークの綴りは「Snork」

 


千葉県柏市柏の葉のビジネスホテル【ホテルサンオーク柏の葉】


ここの1Fにあるレストラン&バー VALLAURIS のランチはお手頃価格でおいしいので、
ランチタイムはいつも大勢のお客さんで賑わっている。

 

 

 

| tri | 地場情報 | 21:34 | comments(2) | trackbacks(0) | -
ぬまなんのほう
柏市の東側半分、手賀沼の南側にあたる地区は、
2005年に柏市に編入される前は東葛飾郡沼南町
(ひがしかつしかぐん しょうなんまち)だった。
ゆえに、今でも沼南地区と呼ばれる。

けど、「しょうなん」と言うと神奈川県の湘南とまぎらわしいので
我が家では「ぬまなん」と呼ばれる。

「昨日、ぬまなんのほうまでサイクリングしてきた」とか
「ぬまなんのほうに大きなショッピングモールができるんだってさ〜」とか
「ぬまなんのほうにあるんだってさ〜」とか。

↓ぬまなんのほうにできたアリオ柏にある巨大ないろいろ。

アリオ柏 ビッグワンダー アリオ柏 ビッグワンダー

アリオ柏 ビッグワンダー アリオ柏 ビッグワンダー

アリオ柏 ビッグワンダー アリオ柏 ビッグワンダー
| tri | 地場情報 | 21:31 | comments(0) | trackbacks(0) | -
逆井のカタクリ群生地(オフシーズン)
市内にカタクリの群生地があることは知っていたが、
カタクリの開花期である3〜4月は例年忙しくて出かけることができずにいた。

5月下旬。
今さら行ったって何もないだろうと思いつつも、場所を確認しておきたくて
天気のよい休日に自転車で出かけてみた。
手賀沼サイクリングロードから右折して、大津川沿いの道を南下。

大津川沿いの道 

↑地図に載っている道なのになぁ…… まるで けもの道。
両サイドの草が茂りすぎてほとんど塞がっている箇所もある。


柏市逆井のカタクリ群生地 

カタクリ群生地は、東武野田線・逆井駅近くの静かな住宅地、
道路沿いの斜面にひっそりと存在した。
想像していたよりもずっと小さなエリアだった。

柏市逆井のカタクリ群生地 柏市逆井のカタクリ群生地

柏市逆井のカタクリ群生地

柏市逆井のカタクリ群生地

柏市逆井のカタクリ群生地

↑そして予想どおり、カタクリの陰も形もない。一枚の葉すらみつけられなかった。
生えているのはシダやドクダミやタチツボスミレの葉ばかり。
まぁ、場所が確認できたからいいか。


せっかくこっちのほうまで来たので、ついでにもう一カ所寄ってみることにする。
カシニワのオーブンガーデンに登録されている「ポプラの花畑」(柏市・藤心)。
柏市・しいの木台にあるポプラ美容室さんの“離れ庭”のような花畑らしい。

カシニワフェスタ・ハンドブック カシニワフェスタmap

カシニワ・フェスタ期間(5/8〜5/17)は終わってしまったけど、観られてよかった。
500平米ぐらいあるだろうか? 広いガーデンに色とりどりの初夏の花が咲き乱れている。

柏市・ポプラの花畑 柏市・ポプラの花畑

柏市・ポプラの花畑 柏市・ポプラの花畑 

柏市・ポプラの花畑 柏市・ポプラの花畑

柏市・ポプラの花畑 柏市・ポプラの花畑

柏市・ポプラの花畑 柏市・ポプラの花畑

ウチのベランダではうまく育たない、丈の高い植物や日なたを好む植物たち。

柏市・ポプラの花畑 柏市・ポプラの花畑

↑ガイラルディア……咲かせてみたいよ〜!


朝10時半ごろに出発して、カタクリ群生地に着いたのが昼すぎ。
ポプラの花畑を見終えて、おなかもすいてきたので、
すぐそばのローソンでおにぎりとかサラダパスタを買ってきて、
ゆっくり食べられる場所を探して自転車で移動。

増尾城趾総合公園にて 増尾城趾総合公園にて

↑結局、増尾城趾総合公園まで来てしまった。では、いただきます。

帰路また手賀沼サイクリングロードを走っていたら
↓キジが居た。駆け抜ける姿が恐竜のようだった。

キジ キジ

キジ キジ

 
| tri | 地場情報 | 20:14 | comments(0) | trackbacks(0) | -
3年ぶり、春の味覚
柏産タケノコ

ウォオオオ! 地元産タケノコ、ゲットだぜぇ。

原発事故の影響で、国の基準値を超える放射性物質が検出されたとかで、
市内産のタケノコは2012〜2014年までの間、出荷制限されていた。
今年ようやく制限解除されて、3年ぶりに入手できた。今煮てるとこ。
| tri | 地場情報 | 21:07 | comments(0) | trackbacks(0) | -
花火大会、そのお値段
手賀沼花火大会 手賀沼花火大会

今日は手賀沼花火大会。今年は早番勤務だったので見られてよかった!!
明日が休みだったらもっとよかったのに。(夏期節電シフトのため、土日が出勤日なのだった)

去年(2013年)はひどかった……。
2011年・2012年は震災や財源不足などで開催できなかった手賀沼花火、
2013年は3年ぶりの開催ということで、例年にない規模で行われた。
手賀沼湖畔だけでなく、利根川河川敷、海自基地、柏の葉公園からの打ち上げもあったのだった。
私の勤め先、柏の葉公園のすぐ近くなので花火の音がバンバン聞こえているのに
工場内で遅番勤務! 聞こえているのに見られない、その悔しさといったら。


ところで、数年前の市の広報に面白い記事が載っていた。

【広報かしわ 2010年5月15日】
花火大会開催にかかる費用(PDFファイル)

この記事によると、
2008年度の花火大会(13,500発打ち上げ・90分間)でかかった費用は約3500万円。
内訳は
 花火代金 2,000万円
 警備費用 500万円
 仮設トイレ設置・ごみ処理費 470万円
 その他費用 530万円
だという。
スターマインや尺玉の具体的な金額も載っていて興味深い記事だった。

手賀沼花火大会は、開催費用の募金活動も行っていて、
市内随所に募金箱が設置されているらしいが、
単なる募金よりも、花火一玉ごとのスポンサーになれるような
仕組みにしたら面白いんじゃないかと思った。



| tri | 地場情報 | 21:54 | comments(0) | trackbacks(0) | -
サクラサク
職場の人に教えてもらって、野田市の櫻擬人じゃ……
じゃなくて櫻木神社に初詣に出かけてみた。
頭部の打線……じゃなくて、東武野田線・野田市駅から徒歩10分ほど。
(一発で変換できないぐらいローカルな固有名詞なのか?!)

櫻木神社 櫻木神社

駅からの道は人も疎らで、ホントにこの道でいいのか心配になる程だったが、
神社に着いてみれば、模擬店もいっぱい出ていてずいぶん賑わっている。
こっちのほうは想像以上に車社会で、ほとんどの人は
電車じゃなく自家用車でやってくるのね。

お参りを終えて、ふと境内を見回すと何か咲いているのに気づいた。
梅? でも都内ならいざしらず、こっちのほうでこんなに早く咲くだろうか?
と、近づいてみて見ると、なんと桜だった。
七五三桜といって、秋と春に咲く桜なのだそうな。さすが、櫻木神社!

櫻木神社の桜 櫻木神社の桜
櫻木神社の桜 櫻木神社の桜

ウェブサイトも桜の花に飾られて華やかなのだ!
櫻木神社 サイト


 
| tri | 地場情報 | 21:50 | comments(2) | trackbacks(0) | -
東大・柏キャンパスのグラム・デリ
前回の記事で、東京大学柏キャンパスの図書室の話を少し書いたので、
今回は東京大学柏キャンパスのカフェテリアの話を。

一般の人が図書室を利用する際には入館手続きが必要だが、
カフェテリアは手続き不要でブラリと入れる。
※ただし、あくまで学生さん優先の心構えで。混雑する時間帯を避けるなどの配慮が必要。


上記マップの「P」が図書館、「U」がカフェテリアの場所。

営業時間
平日:11:30-14:00   17:00-20:00
土曜:11:30-13:30
日祝:休み


図書室の西側の駐輪場に自転車を置いて、カフェテリアに向かう。

東京大学柏キャンパスのカフェテリア

とても地味な入口。
このカフェテリアには麺類・パンのメニューや定食などもあるらしいが、
私たちの目当ては「グラム・デリ」。
バイキング方式で好きなおかずやごはんをトレーに盛りつけて
レジで重さを量ってもらい、1グラムにつき1.2円を支払う仕組みなのだ。
100円プラスでドリンクバーをつけることもできるし、別料金の一皿料理も追加できる。

東京大学柏キャンパスのカフェテリア「グラム・デリ」

↑ コレ、二人分で927円
 (ドリンクバー込み。丸い皿の唐揚げは別料金。レシートをなくしてしまった。)
格安ってほどではないが、割安ではあるし、
美味しい料理を好きなだけ食べられるから、食いしん坊な私たちにぴったり。

| tri | 地場情報 | 01:52 | comments(0) | trackbacks(0) | -
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

このページの先頭へ