沼端系

 
正月太りのヒトとトリ

長いお正月休みで、食べてばかりだったから私も太ったが、
ジャンボセキセイのアレックスも食べてばかりで体重増えすぎ〜。

47グラム!

 

前回、動物病院でアレックスの食事についてアドバイスを受けて
ペレット食を勧められた件を書いた。その他にもうひとつ
「シードにしてもペレットにしても、1日に食べきる量だけ与えるようにしましょう」
とも指導されたのだった。

 

これまで我が家では、餌入れ八分目ぐらいまで餌を入れ、
翌朝は、殻を取り除いてから新しい餌を足すという方法で給餌していた。
獣医先生に指導された方法は、1日の適正量の餌だけ餌箱に入れて食べきらせる。
翌日も、空になった餌箱にまた適正量だけ入れて食べ切らせる、というもの。

 

運動量にもよるが、セキセイインコの餌の適正量は体重の十分の一ほどが標準。
体重40グラム台のアレックスなら4グラム程度。
ただし、いきなり4グラムにすると足りなくて痩せていってしまう可能性もあるので
(餌箱からこぼれてしまったり、なんらかの理由で口に入らないこともあるため)
はじめは少し多めの量を与えてみて、定期的に体重を測って様子を見ながら
徐々に減らして4グラムに近づけましょう、ということになった。

 

 

実際に餌箱に4グラムの餌を入れてみると、あまりの少なさに驚愕する。

(プラスチックの透明スプーンに1杯半ぐらい)


こんなんで足りるわけがないと思える。
最初は多めでいいと言うんだから、とりあえずスプーン3杯、9グラムで行くことにする。

 

 

指導を受けたのが10月下旬のこと。年末ごろまで9グラム給餌を続け、
週末には粟穂1/5房をおやつに与えていたが、
体重は43〜44グラムをキープしていてイイ感じだった。9グラムでいいじゃん!

 


さて、私が年末年始休暇に入り、家にいる時間が増え、
アレックスをカゴから出して遊ぶ時間も増えた。
が、その反動なのかどうなのか、アレックスがカゴに入っているときは
餌を食べていることが多いのに気づいた。

 

手乗りインコは、飼い主が食事をするときに同調して食餌することが知られているが、
それ以外の時でも頻繁に食べている。そのため、夕方には餌箱が殻ばかりになる。
で、餌箱をガチャガチャやって催促したり、放鳥時に見境なく人の食べ物を欲しがるようになった。
以前にはなかったことだ。

 

うーん……。冬季は体温維持のためにたくさん食べるんだろうか?
確かに室温は下がっているし、アレックスにとって初めての冬だし。
お正月サービスで、少しだけ餌を足してあげることにした。
それを何日か続けた結果が、体重47グラム。いか〜ん!
通常モードに戻さねば。アレックスだけじゃなく、私自身もね。

 

 

↓年末に撮った動画。「お疲れ様〜」を言えるようになった。

 

 

 

 

| tri | | 16:34 | comments(0) | trackbacks(0) | -
セキセイインコのアレックス、ペレット食への道

アレックスに怪我をさせてしまい、動物病院を受診した件を前回書いた。
病院では怪我の診断と検便・素嚢検査を受けたほか、
食生活についても詳しく聞かれ、アドバイスを受けたので、その話を書いてみる。

 

我が家では、一般的な四種混合シードと青菜をメインに与えているほか、
お迎え時にショップで勧められて購入した何種類かの補助食
(雛用パウダーフード、謎のペレット「きびしぼり」、液剤「カルビタバード」)
を与えている。使い切ったらやめようと思っているけど……。

 

獣医先生がおっしゃるには、

シードと青菜だけでは栄養価の面で万全とは言えないので、
今我が家で使っているような補助食を与えるか、
栄養バランスを考慮して作られたペレットに切り替えていくのがより良いと。
さらに、先生お勧めのペレットを何種類か、お試しサイズで販売してくれるとも。

 

うむ、近年はペレット推奨の流れになっていると聞いてはいたが、
やはりそうなんだな〜と再認識。
ただ、小鳥は食事内容には保守的だというし、アレックスは特に、
見慣れたものじゃないと食べ物だと認識することすらできないコなので
ペレットは食べないだろうな〜と思いつつも、一応お試しサイズを購入してみることにした。


獣医先生お勧めのペレット3種類。
・ラウディブッシュ(たぶんデイリーメンテナンス・ニブルズ?)
・ハリソン スーパーファイン(たぶんアダルトライフタイム?)
・ハリソン マッシュ(同上)


原材料が明記されているってことがお勧めの理由だそうな。

 

「どのタイプを気に入るか調べるために、
3種類を別々の容器に入れてカゴにセットしてみて」
と、先生に教えられたようにしてみたが、思ったとおり、どれも全く食べない。
ペレットが食べ物とは思ってなくて、容器をガチャガチャさせて遊ぶのが楽しいみたい。

 

普段食べているシードに一番近い大きさのペレット
「ハリソン スーパーファイン」をテーブル上に撒いてみても、
ペレットには目もくれず、袋をガジガジと齧るのに夢中……。


と、書こうとしたが、この動画を撮り終えたすぐあとに、
ペレットを何粒かついばんだ。おや、食べものだとわかった?

 

そういえば、私がお行儀悪くこぼしたパンやお菓子のかけらを
目ざとく見つけてはついばもうとするアレックス。
人が食べるものや使うものに興味津々なのだ。


ならば、人が使うお皿に入れれば進んで食べにくるかも?

小皿にいれて見せてやると、やはり食べにきた。


早速口に入れるが、シードじゃないとわかると口から出してしまう。

 

では手から与えてみたらどうだろう。
指でつまんで見せると、よろこんで食べにくる。


少し強めにつまんで、すぐには取れないようにしてみたら、がんばってもぎとろうとする。
そして、もぎとったペレットをバリバリ噛み砕き、出さずに食べた。
やった! その調子〜。

 

これは11月下旬のことで、今では小皿からは普通に食べられるようになった。

(でも餌箱のシードと混ぜるとペレットはほとんど残す……。)
先生お勧めの3種類とも一応食べるが、一番よく食べるのはハリソン・スーパーファイン。
ラウディブッシュは少し硬いし、ハリソン・マッシュはあまりに細かすぎて食べ応えがないのかも。

 

じゃあ、ハリソン・スーパーファインを購入してみようか検討しているが、
結構高額な上、推奨期間内に使いきれない量なので悩むところ。

 

 

 

 

 

| tri | | 16:37 | comments(0) | trackbacks(0) | -
重過失傷害(インコの怪我)

昨年の話だが、私の不注意でアレックスに怪我をさせてしまった。
指を擦りむいただけで、出血も骨折もしないで済んだのは不幸中の幸いだった。

 

10月の金曜の夜。
アレックスが床に降りたのを見ていたはずなのに、ほかのことに気を取られて、
私はキャスター椅子に座ったまま移動しようとした。
夫が注意の声をあげたのとアレックスの悲鳴が同時だった。
足元を見ると、アレックスが痛みに叫びながらバタバタともがいていた。
少し前に生えたばかりの長い尾羽が抜け落ちていた。
椅子で轢いてしまった?! 治らないようなひどい怪我をさせてしまった?! 
死んでしまうかも?! と、血の気が引いた。

 

どう手当てをしたらいいだろう……  少し落ち着いてみると、
椅子で轢いてしまったわけではないらしいとわかった。
アレックスの頭・胴体・翼と右足は見たところ無傷。
左足を痛がっているが、歩いたり握ったりはできるし、折れてはいないように見える。
前指の一本が擦りむけて痛々しいが、出血はしていない。
キャスターの隙間に足指を巻き込んでしまったのだと思われる。
ごめんね、ごめんねと謝りながらも、少し安堵した。

 

すぐに医師に診てもらいたかったが、診療時間外の出来事だったし、
アレックスが比較的元気で食欲もあったので
ネット予約をして翌日診てもらうことにした。

 

一夜明けて……。
アレックスをキャリーに入れ、小鳥も診てくれる動物病院へ連れて行く。
普段の飼育状況や怪我の経緯を問診票に記入。
獣医先生にも経緯を話して、足指だけでなく全身をくまなく調べてもらったが、
やはり骨折などはなく、足指の擦り傷だけのようだった。
この程度の傷ならば自然治癒に任せて大丈夫とのこと。

 

「小鳥をカゴから出したら、放っておかないで遊んであげましょう。
 それが人にとっても鳥にとっても幸せですから」
と先生に諭されたのが身にしみた。

 

 

「この機会に健康診断もしましょうか」とのご提案があり、
検便と素嚢検査を受けることになった。

 

検便はキャリー内の便を採取するだけだから簡単。
素嚢検査は、鳥の口から管を入れて素嚢の内容物を採取する。
これは苦しそうで、たびたび受けさせたくはないと思った。
獣医先生が別室にて、採取したものを顕微鏡で検査し、
数分後には検査結果を教えてくれる。

消化不良が少しあるが、そのほかは異常なしだった。よかった〜。

 

消化不良の改善のためと、傷の化膿止めの効果もある抗生物質を
十日分処方してもらった。

 

 

十日後に再診を受けたときには、怪我も消化不良も完治。
本当によかった。

 

| tri | | 22:29 | comments(0) | trackbacks(0) | -
新春鳥見散歩2019

あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお付き合いくださいませ。

 

今年のお正月休みは長め。
今日は他にすることもないので朝から鳥見に出かけた。


近いところから順に。
こんぶくろ池自然博物公園の ふじ池エリアをぐるっと回る。
アオジやシロハラの声がするものの、姿は見えない。
次はこんぶくろ池の本園へ。こちらも声はすれども姿は見えず。
掩体壕のほうに入ってようやくエナガとコゲラが見えた。
こんぶくろ池のコゲラ

エナガは小さくしか撮れなかったのでコゲラだけ。

こんぶくろ池はいつ行ってもあんまり鳥を見られないなぁ……。
ここは諦めて、柏の葉公園へ。

 

柏の葉公園は冬に行けば大抵なにかしらは見られる。
殊に日本庭園は狙い目。今回は早速アオジに会えた。

柏の葉公園のアオジ

 

柏の葉公園のアオジ

 

柏の葉公園のアオジ

 

柏の葉公園のアオジ

 

柏の葉公園のアオジ

すごい。いつも藪の中から声が聞こえるばっかりなのに
今日はよく見えるところに出てきてくれた。

 

 

柏の葉公園のメジロ

日本庭園を離れ、柏の葉第2水辺公園の方面へ。

いつもメジロがいっぱいいるサザンカの樹に今日もいた。そして今日も手ブレ。

 

柏の葉公園のメジロ

メジロの腹側の色もキレイだなぁと初めて気づいた。

 

 

 

柏の葉公園のキジバト

キジバトの目が光ってきれい。

 

柏の葉公園のアトリ

あまりうまく撮れなかったけどアトリ。

 

柏の葉公園のマガモかアヒル?

メタリックグリーンの頭のマガモ……いや、アヒル?

 

 

 

柏の葉公園のシロハラ

桜の広場の樹上でポポポポポポと鳴いていたシロハラ。

 

柏の葉公園のシロハラ

地面に降りてきた。
必ずと言っていいほど日陰にいるので暗さのせいでいつも手ブレしてしまう。
コレは珍しくブレずに撮れた。

 

 

柏の葉公園のモズ

シロハラを撮っていると、向こうのほうにモズが降りてくるのが見えた。

 

柏の葉公園のシメ

さらに、シメが樹上に来たのも見えた。

 

柏の葉公園のシメ

 

柏の葉公園のシメ

いつもキリっとしているシメ。

 

 

 

 

| tri | | 21:03 | comments(0) | trackbacks(0) | -
「やさしくしたい」

 

※似顔絵は「ビオレママ顔メーカー3」で作成しました。
http://www.bioremamagao.jp

 

 

 

人語「アレックスちゃん」「こんにちは」はマスター。
↓ただいま「お疲れ様でした」を練習中。

 

 

| tri | | 16:01 | comments(0) | trackbacks(0) | -
おしゃべりインコへの道

ジャンボセキセイのアレックスちゃんに人語を覚えてもらいたくて、
最初は「オハヨー」を教えてみた。

 

わりとすぐに真似する気になってくれたのだけど、どうしても
「オアヨー」とか「オワヨ」になってしまう。アクセントも変だし。
以前飼っていたカルロスのときと同じだ。
「ハ」を聞き取れないのか、発音できないのか。

 

そのオアヨーとかオワヨの合間にブツブツ言っているなかで
「チワ」とか「チャン」と聞こえることがあったので作戦変更。
「コンニチハ」を教えてみたら、こんどはうまく言えた。

ハッキリ言えるように、いまも練習中。

 

 

 

アレックスちゃんが我が家に来て3ヶ月ちょい。
こんなに早く覚えてくれるとは思わなかった。賢いコなのか。

1980年代に飼っていたよくしゃべるインコには、
くだらない単語ばかり教えてしまったが、
アレックスちゃんには厳選した言葉を教えようと思った。


ウチに来たばかりの頃は豆苗の食べ方もわからなかったけど、
今ではチンゲンサイもおいしく食べられるようになりました。

 

 

 

 

| tri | | 16:48 | comments(0) | trackbacks(0) | -
日々、進歩するアレックス

餌入れの中の餌や青菜を食べ物と認識できなかったジャンボセキセイのアレックス。

小鳥たちに大人気の豆苗を差し出してみても……

渋い顔で「いりません」。(6月28日時点)

 

過去に飼ったコたちは、なんでも躊躇なく食べたりかじったので、
「どうやったら食べてくれるか?」なんて悩んだことはなかった。

 


どうなることかと思ったが、アレックスはいろんなことに突然気付くらしい。

餌入れのそばに目印に粟穂を取り付けたのが功を奏したのか、
ある日餌入れから食べてくれるようになった。

 

豆苗も、あきらめずに毎日鳥かごに取り付けたり、
鳥かごの床に落としておくようにした。
すると、かごの床でしなびた豆苗をモグモグするようになり、
今では進んで食べにくるようになった。

 

(7月1日、豆苗を食べるアレックス)

 

 

一時期、人を拒絶しているように感じるときがあり、
手乗りにならないんじゃないかと心配したが、
今では頭も掻かせてもらえるようになった。

やっと仲間と認めてくれたのね。
今度こそ、人語も覚えてくれるといいな。
毎日「オハヨー」と呼びかけている。

 

 

 

| tri | | 23:07 | comments(0) | trackbacks(0) | -
ジャンボセキセイ・アレックスの個性

2016年の春にジャンボセキセイのマックスが他界してから二年余、
久々に鳥との生活が始まった我が家。

 

鳥かごは保管してあったが、エサ類はなにもないので新たに購入。
お店の人に勧められるままにいろいろ購入したら、思いのほか高額になってしまった。


 

6月20日、ふやかしたエサをスプーンから食べるアレックス。
セキセイインコの雛は食餌時に大声でおねだり鳴きをするものだが、
アレックスは無言で食べる。
ジャンボセキセイは皆そうなのか、それともこのコの個性なのか。

 

 

6月20日の体重。食前36g、食後41g。

 

このコは多分、生後30日以上経っている。
巣立ち期だから、ふやかした餌を食べる量が徐々に減っているし、
飛び立ちたくて落ち着きがない。

 

6月24日、「ふやけたメシはもういりません。」

 

 

 

このコは、これまでに飼った通常のセキセイの雛とはどこか違っている。
本能ではなく意思(意識・認識)を持って行動してる感じ。

 

このコの目の前に指を差し出して、乗るように促しても、気乗りしなければ
「乗るのは嫌です。自分で行きます」とでも言うように抗議の声を出す。
(素直に乗ってくることもある。)

 

6月27日現在、ふやけた餌はもう食べないので、

鳥籠の床に撒いた乾いた餌や粟穂を食べてもらっている。
困ったことに、餌入れの中の餌や青菜は

食べ物と認識できていないようで、まったく口をつけない。
どうやったらわかってもらえるだろうか。
付き合い方を摸索中。

 

パソコンディスプレイの上にとまってギョリギョリするアレックス。

 

 

 

| tri | | 09:46 | comments(2) | trackbacks(0) | -
サマージャンボ・セキセイインコ

2018年6月16日、我が家にジャンボセキセイの雛がやってきた。
命名アレックス。たぶんオス。

 

 

 

ジャンボセキセイのオスの雛をお迎えしたいと予てから思っていたが、
ジャンボセキセイはまだ珍しく、成鳥ですらショップで見かけることはほとんどない。
行きつけのショップでは、注文すれば雛の取り寄せも可能なのだが性別を選べない。
(※雛のうちは性別が判断できないため)
手乗りのおしゃべりインコにするのが夢なので、どうしてもオスの雛がいい……。

 

 

そんなこんなでなかなかお迎えできずにいたところ、
この春、職場の人から
「『ペットのデパート東葛』の店舗に、わりと頻繁にジャンボセキセイの雛が入荷する」
という情報をいただいた。
そこで最寄りの2店舗(流山店・新松戸店)に足を運んだが、運命の出会いはなかった。

 

一方で江東区・住吉駅近くの小鳥専門店・美鳥園も見に行ってみた。
この美鳥園の店主さんは雛の性別も判別できるそうだが、
残念ながらジャンボセキセイを取り扱っていなかった。
(※美鳥園は希少カラーのライラックセキセイや、サザナミインコに特に力を入れている。)

 

 

情報をいただいてから3週間ぐらいが過ぎたろうか。
今日見つからなければジャンボセキセイは諦めて、
普通のセキセイのオスの雛で妥協しようかと思いながら
もういちど『ペットのデパート東葛』の流山店と新松戸店を見に行った。

 

流山店には、前回見に行ったときからいるジャンボセキセイの若鳥が一羽。
鳥かごに触れただけで不機嫌そうに攻撃してくるし、
ロウ膜の色が白〜うす青色であることからメスっぽい。
店長さんの見立てでもメスっぽいとのことなので諦める。

 

最後の望み(?)新松戸店の売り場に行くと、
ジャンボセキセイの雛が二羽入荷していた。
そのうちの一羽、ブルーと白のパイドのコはそこそこ人懐っこく、
ロウ膜の色は紫っぽいピンク色。たぶんオスだ!
店長さんの見立ても多分オス。

 


巣立ち間近だから差し餌も朝夕の二回でいいという。
これ以上の好条件はないので、お迎えを決めた。(つづく)

 

 

 

| tri | | 18:33 | comments(0) | trackbacks(0) | -
秋ヶ瀬公園のヒレンジャク

数日前の新聞に彩湖のレンジャクの写真が載った。
レンジャク見てみたいなぁ。彩湖ってどこ? 
戸田市なのかぁ。最寄駅は? 
と調べているうちに、彩湖の並びにある秋ヶ瀬公園の

「ピクニックの森」エリアにレンジャクが来ているという情報を発見。

出かけてみることにした。

 

最寄駅・西浦和駅から徒歩20分ほどで、秋ヶ瀬公園の東端にある「野鳥の森」に到着。

しかしこのエリアは保護区域とかで中に入れないので、外側の道路を進み、
「野鳥園」から散策路に入る。
 

秋ヶ瀬公園案内図PDF


シジュウカラ、ヒヨドリ、カワラヒワの声や、知らない鳥の美声、いろいろ聞こえてくるし、
樹上から木の実が落ちてくるから居るのはわかってるんだけど、見えない。

 

 

やっと見つけた! シメ。「野鳥園」で見られたのはこれだけ。
やはり「ピクニックの森」まで行かねばお目当のレンジャクは見られぬか。
仕方ないので2kmほど歩いて「ピクニックの森」へ。

 

散策路で立ち止まって耳を澄まし、鳥の姿を探していると、
たまたま見ていた方角、目の高さぐらいの位置に鳥が舞い降りてきた。

 

双眼鏡で覗くと… ガビチョウだった。初めて見た!

2羽のガビチョウがとても美しい声でさえずっている。
(動画はうまく撮れなかった。)

 

 

さらに歩き進むと、また知らない鳥の声が。
双眼鏡で見ると、やったー! レンジャク発見! 尾の赤が鮮やかなヒレンジャクだった。
私のほかにも数人のバードウォッチャーがカメラを構えている。

 

 

 

 

十数羽の群れが、樹木に絡みついたキヅタの黒い実を食べている。

森の中にはキヅタの実がたくさんあるようで、
ヒレンジャクたちは気ままに移動していく。
うまく巡り会えて撮影もできてラッキーだった。満足したので帰途につく。

 

 

 

散策路から舗装路に出ると…「ナントカ探鳥会」みたいな団体さんだろうか、
30人ぐらいの大集団バードウォッチャーが三脚に望遠カメラを構えて撮っていた。

 

 

 

これは園内に群生していて保護されているノウルシ。絶滅危惧種なんですって?

 

 

あっ、なんか鳥がいる! カケスとかだったら嬉しいな…
と思ったら、いつものツグミだった。

 

 

 

車がぶんぶん通過する車道脇のかなり低い位置にいたコゲラ。

 

 

 

桜とエナガ。

 

 

 

 

秋ヶ瀬公園と彩湖の間あたりにサクラソウの自生地があるというので
帰りがけに寄ってみた。

 

 

サクラソウ自生地の碑が立っているが、一面黄色いノウルシでいっぱい。
サクラソウの保全のボランティアの方が言うには、
ノウルシも絶滅危惧種なので取り除くわけにはいかず、
このような状況に甘んじているとか。

 

 

ノウルシの合間のサクラソウ。きれいだな〜。

 

 

 

| tri | | 19:02 | comments(0) | trackbacks(0) | -
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>

このページの先頭へ