沼端系

 
そら豆の薄皮、どちら側に切れ目を入れるべきか?

今が旬のそら豆。年に一度ぐらいしか食べないので
(いや、それどころか去年は食べてなかったかも……)
茹で方を忘れてしまった。

 

ネット検索してみると、莢ごと茹でる方法 or 莢から出して茹でる方法、
莢から出す場合、豆の薄皮に切れ目を入れると皺にならない等々
役立つ情報がいっぱい。

 

実家にいたころ、母は切れ目を入れずに茹でていたから、
薄皮を剥くのが少し面倒だったことを思い出した。
切れ目があったら食べやすいね!

 

 

ところでネットの情報だと
「❝お歯黒❞側に切れ目を入れる」という説と
「反対側に切れ目を入れる」という説があり、
どちらにするか迷う。わかんないので両方やってみるか。

 

 

茹で上がり。

 

 

お歯黒側に切れ目を入れた方は……
押し出そうとしても薄皮の縁にひっかかってうまく出てこない。

まあ、剥いて食べればいいんだろうけど。

 

 

 

反対側に切れ目を入れたほうは、
すでに豆が少し顔を出しているので、押し出すと簡単に出てくる。
私はこっちのほうが食べやすい。
相棒はどっちでも変わらないと言って食べていた。

握力の違いか?!

 

 

 

 

 

 

| tri | | 22:41 | comments(0) | trackbacks(0) | -
タラゴンを探して

イタリア料理に欠かせないスィート・バジル、
洋菓子の飾りに使うペパーミントやチャービル、
タイ料理ばかりでなく世界中の料理で使われるコリアンダー(香菜/パクチー)…。
これほどポピュラーなハーブたちでも、30年前には生で入手するのは困難で、
ハーブ専門のショップやガーデンに出向くか、自分で栽培するしかなかった。
昨今はほとんどのスーパーで常に10種類ぐらいの生ハーブを入手できる。おどろくべき変化だ。

 

3〜4年前だったろうか、行きつけのスーパーの生ハーブ売り場で
フレンチタラゴン(エストラゴン)を見かけた。名前は知っていたが、
どんな香りなのか、どう使うのか、わからなかったのでそのときは買わなかった。
帰宅後に調べてみて使い方もわかったが、やや上級者向けのハーブに思えて、
購入をためらうこと数週間か数ヶ月。
決心がついて「よし、買ってみよう!」と出向いたら売り場から消えていたのだった。
(今思うと、シーズンが終わったからなのだろう)

 

ないと余計に欲しくなる。以降、近隣のスーパー各店から都内のデパ地下まで
置いてありそうなところを回ってみたが、どこにもない。
じゃあ、タネから育ててみようか…と、カタログやネットショップで探しても見つからない。
調べてみると、フレンチタラゴンは種子が実らない性質の植物だという。
それじゃあ苗を入手しよう! とホームセンターや園芸店を回ってもこれまた見つからない。
(それもまたオフシーズンだったからなのだろう)

昨秋、ネット通販でようやく入手することができた。

 


一冬越えて迎えた収穫期!

 

 

まずは刻んでタルタルソースに入れてみた。タラのムニエルにかけてみるが…。


タルタルソースに入れたピクルスの風味が強すぎて、

タラゴンの香りが負けてしまった。

 

ワインビネガーに漬けたほうは、

アニスに似たタラゴンの香りが結構強烈についている。
さて、これをどう使おうか。

 

タラゴンのお薦めの使い方をご存知のかた、よかったらコメントください。

 

 

今がまさにタラゴンの旬だからか、
数日前に「WELCOME TO ZEON」で出向いた伊勢丹新宿店の

地下の青果売り場でも生タラゴンがあっさりと見つかった。
これまで入手にかけた手間暇はなんだったのか……。

 

 

| tri | | 21:56 | comments(0) | trackbacks(0) | -
マドラグの玉子サンド

過日、お墓まいりの帰りがけに神楽坂 la kagu に寄ってみた。

 

 

1Fのカフェ・マドラグにて。
私はガーワ(カルダモン・コーヒー)、母はクリームソーダ・赤を注文。


ショップもお客さんも店員さんもオサレすぎて、私と母は場違いな感じ。
なんだか居心地が悪く、早々に退散した。

 

 

名物「コロナの玉子サンド」(¥950)をテイクアウト。
事前に予約しておけば品切れや待ち時間を回避できる。

 

とても柔らかいので、持ち運び中に片寄って少し崩れてしまった。

(本当はもっとすてきなルックスなのだ!)
でも箱に収まっているぶん、店内で食べるよりも厚みが抑えられていて食べやすいかも。

 

厚みが3〜4cmもある卵焼きはふんわりつるんとしていて味は薄め。(甘みはない)

4切れ入りを今回は相棒と二人で分けて食べたが、一人でも4切れ食べられちゃいそう。
お供にサラダがあるといいね。
 

 

 

| tri | | 22:00 | comments(0) | trackbacks(0) | -
ブロッコリーの茎をザーサイ風に!

グッチ裕三さんのレシピ「なんちゃってピータン豆腐」をたまに作る。


【みんなの きょうの料理】
なんちゃってピータン豆腐

 

このレシピのままでも美味しいが、ザーサイ(味付けザーサイ)があるともっと美味しい。
でも、その日はザーサイの買い置きはなかった。
ブロッコリーの茎ならあるんだけどな…。
ブロッコリーの茎で味付けザーサイみたいなものを作れないかな…

と思って検索してみたら、皆同じことを考えてたのね。レシピいっぱいありました!

 

↓700件以上もの「つくれぽ」がある人気レシピ。

【COOKPAD】 ブロッコリの茎(ザーサイ風)辣バージョン

 

こちらを参考につくってみた。

 

ブロッコリの茎(ザーサイ風)


すごい、ちゃんとザーサイの味になっている!


ブロッコリーの茎って、特定の料理(※)に使う以外では持て余し気味だったけど、
コレなら簡単で美味しくて応用も効いてスバラシイ!

 


※特定の料理とは
・ミネストローネの具
・かた焼きそば・中華おこげ などのあんかけの具
・春巻の具

 

 

| tri | | 21:57 | comments(0) | trackbacks(0) | -
夏至にたこ焼きを食べよう!

昨日は夏至だった。
冬至には柚子湯に入るとかカボチャ料理を食べるなどの行事があるが
これまで夏至になにかしたり食べたことはなかった。
なんかないの? と検索してみると、地域によっては特定の食品を食べる風習があるようだ。


【Wikipedia】 夏至


いい日本再発見 夏至とは?2017はいつ?食べ物や風習は?

 

ざっくり言うと、関東などでは小麦を使った食品、関西ではタコを食べる。
夏至・半夏生は農作業の節目となる期間であり、
小麦は田の神様への感謝、タコは豊作祈願でお供えしたり食べるものらしい。

 

そうそう、ここ数年スーパーなどで「半夏生にタコを食べよう」的な
POPを見かけることが多くなった。
半夏生って夏至の期間の一部だったんだ。今知った。

 

【Wikipedia】 半夏生
         七十二候

 

実を言うと私はタコは苦手。でも関東で食べるのは小麦だし。小麦と言えば……。
前日、ふと思いついてポン・デ・リング的なものを作ったのだった。
それを食べて豊作祈願をしよう。

 

ポン・デ・リング的なもの


その一部始終をSNSに投稿したら、面白いコメントをいただいた。
ポン・デ・リング的なものが、くっついた たこ焼きに見えた、と。
その方は「関東の小麦粉+関西のタコを融合させて、たこ焼きにした」
と解釈してくれたそうだ。

 

東西融合でたこ焼きって、すばらしい発想だわ!
たこ焼きプレート付きのホットプレートも導入済みだし、来年はそうしよう。
いや、これは全国的に流行らせるべきでしょう! と思ったので、ここに記す。

 

おや、これを既に唱えて2015年に実行しているたこ焼き屋さんがあるようだ。


【Facebookイベント】
夏至蛸(げしたこ)

主催者『たこやき おこちゃん』(神奈川県三浦市)

 

 

 

| tri | | 21:08 | comments(0) | trackbacks(0) | -
沼の北と南で

いつもは自転車で出かける手賀沼に、今回は母と一緒にバスで出かけた。
最初の行き先は、手賀沼北岸にある水の館の中にできたという
「あびこ農産物直売所あびこん」。


最寄りのバス停「我孫子市役所前」に10時半ごろに到着。
そこから遊歩道を10分ほど歩いたところに水の館はある。

 

手賀沼親水広場・水の館

開店準備中のレストランに近いほうの入口から入り、
水の館内を探してみるが、直売所がない。
別な入口から入るのかな? と、ぐるりと正面玄関にまわってみると驚愕の貼紙が!

 

「6月3日 あびこん オープン!」

 

え!? まだオープンしてなかったの!? 
私が何かで見た「あびこん」の宣伝は、水の館内ではなく
ここよりも少し西側にある旧あびこんの方だったらしい。

がっかりだけど、今回のもう一つの目的地にも農産物直売所があるから
そっちに期待しよう。

 

 

手賀大橋
遊歩道を戻って、手賀大橋を渡り手賀沼南岸へ向かう。
 

手賀大橋から見た水の館

手賀大橋から見た水の館。

 

道の駅しょうなん

手賀大橋・南岸のたもとにあるのが道の駅しょうなん。

ここの農産物直売所は、私がいつも利用している「かしわで」に

勝るとも劣らない規模と品揃え。

 

 

野菜レストラン

隣接地に4月にオープンした「野菜レストランSHONAN」が本日のお目当て。

 

自動販売機で食券を購入してカウンターに提出し、半券の番号で呼ばれたら
取りに行くセルフサービス方式。
同じ方式だった あけぼの山公園の「農家食堂」よりもメニューは豊富。


↓柏市役所サイトの記事にメニューの一部が紹介されている。
『野菜レストランSHONAN』道の駅しょうなんにオープン!
 

私たちが着席した11時15分ごろはまだ空席が多くあったが、

11時半ごろには満席に。

(この日は薄暗く雲が垂れ込め、ときおり雨が降る天候の平日。)

 

野菜レストラン

母はロールキャベツ膳を、私は冷しゃぶ膳を注文。
サラダバーの有無を選べるので、ふたりともサラダバー付きにした。
お手頃価格なのに、素敵な食器で出てきたので感激。
味もおいしく、なによりボリューム満点。男性でも満腹すると思う。

 

 

 

---☆---☆---☆---☆---☆---☆---☆---☆---☆---☆---☆---☆---☆---☆---

 

 

柏市の広報にも載っていた、地元野菜を食べられるレストラン

3軒をまわってみた感想

 

(1)「かしわで」の「農家レストラン さんち屋」 11:00〜15:00
ビュッフェランチ 1512円・制限時間1時間

農家レストラン さんち屋
価格が高めだが、料理の種類がとても豊富。味付けはやや薄め。
肉や魚は一切使わず、高野豆腐や麩で工夫されている。
ビュッフェスタイルで、好きな料理を食べきれる量だけ盛りつけることができるので、
高齢者や女性におすすめ。
窓から見えるのは花壇と大堀川と民家。

 

 


(2)あけぼの山農業公園の「農家食堂」 11:00〜16:30
食券方式

あけぼの山農業公園の「農家食堂」 
隣接するバーベキュー設備「ベジQ」がメインだからか、
「農家食堂」のほうは「野菜を多めに使用した軽食」といった感じ。
公園に来たついでに利用するにはちょうどいいかも。
窓から見えるのは公園内。桜の季節はよさそう。

 

 


(3)道の駅しょうなん の「野菜レストランSHONAN」(今回の記事)
7時00分〜19時00分(グランドメニューは11:00から)
食券方式
定食からデザートまで充実したメニュー、お手頃価格で
ボリュームもあり、男性や家族連れにもおすすめ。
窓からは手賀沼と手賀大橋が見える。

 

 

| tri | | 13:33 | comments(0) | trackbacks(0) | -
コシジワセ(越路早生)

お米を買いにスーパーに出かけたところ、
お米の売り場で「越路早生」を見つけてアッ!と思って買ってきた。

学生の頃に読んだマンガにでてくる「コシジワセ」という名前の犬を思い出したので。

 

コシジワセ(越路早生)

 

そのマンガにはコシヒカリ、ササニシキ、コシジワセという
三匹のシェトランド・シープドッグが登場する。
コシヒカリ、ササニシキは米の銘柄として当時から有名だったが、
コシジワセは店頭でも見たことがなかったので、

どんなのだろうと思っていたのだった。

 

マンガのストーリーどころかタイトルすら覚えていなかったのを、
あとで調べてみたところ

「月は東に日は西に」(1984〜1986年・わかつきめぐみ作)
だとわかった。そうか、そうだったのか。

 

↓あ、画像もあった。(アフィリエイト用)

 

 

この三匹の犬がコシヒカリ、ササニシキ、コシジワセ。

 

買ってきたお米「越路早生」のお味はどうだったかというと、
可もなく不可もなく普通においしかった! 

 

Wikipediaのコシヒカリの項目によると、コシヒカリと越路早生は
どちらも「農林22号」×「農林1号」の組み合わせで誕生した姉妹品種であるという。
そして、同じく姉妹品種である「ハツニシキ」の子品種がササニシキだそうな。

 

 

| tri | | 23:54 | comments(2) | trackbacks(0) | -
ミラクルフルーツを食べてみた

近所のスーパーでミラクルフルーツを売っていたので買ってみた。一粒入り198円。
「皮を剥がして、果肉を1分ぐらい舌の上にのせる。
 そのあとで酸っぱいものを食べると甘く感じる」なのだそうな。

 

ミラクルフルーツ

 

この日のデザートのピオーネぶどうがちょっと酸っぱかったので、
ミラクルフルーツを試すのにちょうどいい。

 

ミラクルフルーツを相棒とはんぶんこ して試そうとしたが
小指の先ほどの小さい果実だしタネも結構大きいのでうまく分けられなかった。
タネについた果肉を相棒が、皮にちょっとだけ果肉がついた分を私が試すことにした。

 

ミラクルフルーツそのものも甘酸っぱい味でおいしい。
1分経過後、さっきのちょっと酸っぱいピオーネを食べてみると……
本当に甘くておいしい。酸味がまったくなくなるわけではなく、
ちょうどいいバランスになった。

 

せっかくだから、もっと試そう。
冷蔵庫に入っていたプレーンヨーグルトにレモン果汁をいれて食べてみる。

 

ヨーグルトとレモン果汁


普通に食べればすごく酸っぱいはずだけど……
甘酸っぱくておいしい! 砂糖が入ってないのにこの味?! 信じ難い。

 

これは面白い。また買ってこよう。
デザート系はおいしく食べられたけど、
梅干しや味噌やポン酢はどうだろうね。

 

 

【参考サイト】
 

ミラクルフルーツ(ワールド・アグリ・エンタープライズ)

↑ミラクルフルーツで味覚が変化する仕組みも解説されています。

 

 

| tri | | 17:15 | comments(0) | trackbacks(0) | -
フィンガーチョコレート


マミーマートさん、ありがとう!
カバヤ食品のフィンガーチョコレートをリクエストしたら仕入れてくれた。嬉しい〜!

 

カバヤ食品のフィンガーチョコレート

 

164g入り って言われてもピンとこないのだけど、
袋をあけて数えてみたら40本以上入っていた。これで298円。

 

 

このごろ……というかここ20年ぐらいフィンガーチョコレートを食べてなかった。
ネット検索してみるとカバヤ食品が今も販売しているようなので
久しぶりに食べたいなぁと思って近隣の店を探してみたけどどこにもない。
職場の人が二木の菓子で探してくれたけど、そこにもなかった。

 

こりゃAMAZONか楽天で取り寄せるしかないのか……と思っていたとき、
「メーカーに販売ルートを直接問い合わせるか、スーパーにリクエストしてみたら?」
とアドバイスをいただいたので実行してみることにした。


カバヤ食品の問い合せ先が岡山県の電話番号で、なんだか電話代が高く付きそうだったので
手近なほう、スーバーにリクエストをしたところ、仕入れてもらえたのだった。

もういちどお礼を。マミーマートさん、ありがとう!

 

 

 

| tri | | 22:02 | comments(0) | trackbacks(0) | -
味風香

初めて「新潟茶豆」(枝豆)を食べたのは10年以上まえだったろうか。

「だだ茶豆」が全国的に有名になるより少し前だったと思う。

スーパーでセール品として並べられていたそれは
莢の色が茶色っぽくて見慣れなかったが、かなり安かったので試しに買った。
茹でて食べてみて、その香りと美味しさに感激したものだった。

 

近年は直売所で地元産の「湯あがり娘」を購入することが多い。
これも茶豆系だという。

 

数日前、銘柄も見ずに なにげなく購入した枝豆がすごく美味しかったので驚いた。
味オンチの私でもはっきりと感じるほど甘味がある!
すでにゴミ箱に入っていた袋を取り出して銘柄を確認したところ
「味風香」という品種であった。販売元は雪印種苗だという。
雪印って種苗会社もやってたのか……。

 

【雪印種苗株式会社】
味風香(あじふうか) ®試験系統名SB1019

 

見かけたら、ぜひ食べてみてほしい。

 

 

 

雪印種苗 枝豆 味風香 30ml【郵送対応】
価格:194円(税込、送料別)

 

 

 

 

 

| tri | | 20:45 | comments(0) | trackbacks(0) | -
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

このページの先頭へ