沼端系

 
2/トリプル・ドム豆腐
少し前の話になるが……
8月21日発売のトリプル・ドム豆腐。(販売元:相模屋食料株式会社)


「オトコの3連チャン」みたいな三連パックを想像していたものだが
2012年10月11日の記事の文末を参照)
驚いたことに個別パックで三種類(ガイア機・マッシュ機・オルテガ機)の発売だという。
機体ごとにポーズも味も違うという凝った仕様。


過去にザク豆腐・ズゴック豆腐を独自POP付きで販売していたマミーマートに
今回も当然入荷しているものと思ったが、21日も23日も入荷してなかった。
27日にも入荷しておらず、他の店(ヤオコー)も見てみたがない。

今回は入手できないのか……と諦めていたが、灯台下暗しというか
至近のショッピングセンター内にある東急ストアにあった。8月31日のことだった。
しかも賞味期限間近だったため半額だった。ラッキー!
しかし、ガイア機がない。売り切れてしまったのか、入荷してなかったのか。
トリプル・ドム豆腐トリプル・ドム豆腐
トリプル・ドム豆腐

【左】両手を組んだポーズのオルテガ機はミルクチョコ味。
【右】バズーカを持ったマッシュ機はビターチョコ味。

トリプル・ドム豆腐

トリプル・ドム豆腐

容器から出すと……どうも崩れ気味。
ザク豆腐などに比べて形状が複雑なのと、豆腐の質が異なるためだと思われる。

味と食感は、ほぼチョコレートムースでなかなか美味。
ビターとミルクの違いは……それほど感じなかった。
難点を言えば、隠し味の塩がちょっと効き過ぎかな。
(私は「スイカに塩をかけない派」。でもバタークッキー程度の塩味は好き。)
デザートにしてはボリュームもあり、結構満腹になる。

この容器でブルーベリーまたはブドウのゼリーを作ったら似合いそうなので、
容器は洗って保管してある。
水切り籠に並べて置いといたら、なんだか可愛いポーズに見えてきた。さすが“スカート付き”。
ガイア機を入手できなかったのが心残りだ。

トリプル・ドム豆腐


そうそう、8月6日に発売されたという「朝日新聞 機動戦士ガンダム版」。
↓お盆の頃、情報通の職場の先輩が最初に入手して持ってきてくれた。

ガンダム新聞

題字からなにから、朝日新聞の誌面ソックリに作ってあるらしい。
昼休みにお借りして休憩場所で読んでいたら、60代の男性陣が本物の新聞と勘違い。

1面見出し「ア・バオア・クー陥落」の文字を見て
「陥落って書いてあるけど、何が落ちたの?!」とか
巨大な文字で埋め尽くされた異色の広告(ガンダム展告知)を見て
「お盆時期は広告出す会社も少ないから、そんな妙な広告が載るんだね〜」
などと感心しているので
「いえいえ、これは架空の新聞なんです。本物じゃないんです!」と慌てて説明した。

発売から日数が経過していたので、もはやコンビニでは入手困難と聞いていたが、
ダメ元で職場の近所のファミリーマートを覗いてみたら、まだあった!

改めてじっくり読んでみると、マ・クベの壺の記事とか、テレビ欄とか、
アナハイム・エレクトロニクス社らの広告とか、笑っちゃう。
宇宙世紀0080年の新聞にしては市民生活レベルが西暦2015年みたいな。


 
| tri | ヲタ | 23:38 | comments(0) | trackbacks(0) | -
昇華するサブカル(?)
外房線・土気駅近くにあるホキ美術館に行ってきた。

ホキ美術館 ホキ美術館

房総半島の真ん中へんに住む旧友と約20年ぶりに再会する計画をしていて、
ふたりの住まいの中間エリアで美術館を検索していたところ、
このホキ美術館の存在を知った。
2010年に開館したばかりの写実絵画専門の美術館だという。

平日の朝イチに訪れたホキ美術館はとてもすいていて
展示作品の数々を心行くまで鑑賞できただけでなく、
建物の外観・内装デザインやコンセプト・機能までも
手引きプリントを見ながら堪能することができた。すばらしい〜!

ホキ美術館

開催中だった企画展は
写実って何だろう? —その多様性と可能性—
写真にしか見えないほど精巧に描かれた人物画、
血管やそばかすまで描かれたものもあれば、美しく滑らかものもある。

風景や植物を描いた作品は、たぶん写真よりも印象的で美しい。
友人とふたり、「この大判サイズの風景画はどうやって描いたんだろう?
写真に撮っておいてアトリエで描いたの?」とか
「モデルが着ている服は誰の趣味なんだろう、どこで買ったんだろう?」
などと、別次元な話でも盛り上がった。

今回観た作品の中に、ヲタ心をわしづかみにするものがあった。
若い女性を描いた3枚の絵で、3人ともがインターフェイス・ヘッドセット
(エヴァンゲリオンのパイロットが頭に付けている猫耳のようなアイテム)を付けている。
なんだこりゃ? と思ったら、作品タイトルからして
「綾○○○的な」とか「真○○・マ○・イ○○○○○○」とか。
つまりコスプレした女性を写実的に描いた作品なのだった。
(上記でリンクをつけた企画展紹介ページに、このうち2点が載っています)

この絵を描いた石黒 賢一郎氏は、ほかにもコスプレた女性を数多く描いていて、
常設展示やミュージアムショップで売られているカードのなかに
如月ハニーを題材としたものがあって、釘付けになった。
石黒 賢一郎氏のブログやFacebookにもさらに興味深いいろいろがアップされている。
あぁ…… 写実画を観に行ったはずなのに、コスプレのほうばっかり気に掛かる。


ホキ美術館のレストランでリッチなランチでも……と、入店しようとするも、
昼ちかくに到着した団体客でまさかの満席! 
残念だったが諦めて、近くのイタリアンのお店で石釜ピッツァのランチを食べた。

サラダ 

とても美味だったし満腹。

友人とは短時間の再会だったが、天候にも恵まれ、観て話して食べて……。
五感で楽しんだ優雅で有意義な半日であった。

 
| tri | ヲタ | 20:18 | comments(0) | trackbacks(0) | -
ヘルメットが割れるとどうなる?
ガンダムUCを最後まで観た。
我が家の都合で、エピソード6と7の間が開いてしまったもんで、
7の冒頭から「えーと、今どこで何してたんだっけ? 誰と戦ってるんだっけ?」
となって、結局エピソード1から全部見直した。

やっぱこういう絵柄が観たかったのよ〜! やっぱ宇宙世紀でないと!
ブライトの後任の声優さんがブライトそのものすぎる!
池田秀一氏が際立ちすぎる! ミネバ様が美しすぎる!
リディがやたらミネバ様に絡んだり、かと思えば隙に乗じて(?)ハグしたり
も〜芝居掛かっていてウザい(笑)。
ミネバ様が父親似の外見だったら、こういう展開にはならなかったよなぁ。
バンシィのアンテナが閉じたり開いたりする様子がキバタンの冠羽のように見えた!(笑)
wikipediaに載っていたキバタンの画像

ともあれ、私としては観てよかった! と思える作品だった。
ひとつマイナス点を挙げるとすれば、
モビルスーツ戦の描写で、むごい感じがしたことか。
ロボット同士の戦闘なのに、なぶり殺しのような攻撃の仕方、
そういうのが何度も出てきて、ちょっと嫌だった。



ところで、ガンダムシリーズでは、
モビルスーツ・コクピット内で、パイロットのヘルメットの透明部分
(バイザーとかシールドと言うのか)が割れる描写がたびたび出てくる。
Zガンダムのカミーユ、カツもそうだし、OOやAGEやUCでもそういう場面があった。
ファーストガンダムではラスト近くで、アムロの使う剣先が
シャアのノーマルスーツのヘルメットの透明部分を貫通している。

それを見るたびに思い出す話がある。
高校時代の保健体育の授業での話。
どういう流れでその話になったのか覚えていないが、
先生がバイクヘルメットの安全性の話をしていた。

 生徒:「バイクで転んだらヘルメットだって割れるかもしれないじゃん」
 先生:「ヘルメットは滅多なことでは割れない構造になってるから大丈夫。」
 生徒:「それでも割れたら?」
 先生:「ヘルメットが割れるほどの強い衝撃のときには、
     頭と胴体がさようならしてるから心配いりません (`ω´)キリッ」

その話が本当なら、ガンダムシリーズのヘルメット、脆弱すぎ!
いや、バイク用のヘルメットとモビルスーツ・パイロット用のヘルメットでは
根本的に違うのか?  いやいや、宇宙服のヘルメットは
わずかな隙間ができるだけでも命取りなんだから、
バイクのヘルメットよりももっと強靭でなければいけないんじゃあ?
 
| tri | ヲタ | 01:03 | comments(0) | trackbacks(0) | -
Gレコって2クール完結だったのか……
「Gのレコンギスタ」最終話を観た。消化不良だ!

まさか2クール完結とは思ってなかった。
ストーリーが超絶駆け足進行だったのはそのせいか……と今思う。
特にザンクト・ポルト以降が駆け足すぎて
「えーと、なんでそうなったんだっけ?」
と思っている間に次の目的地へ〜〜となって、
大事なところで痛恨の録画忘れ(第19話)したら
次はもうビーナス・グロゥブで、
わけが判らないまま再び地球圏に戻り、
ガンダム恒例(?)の三つ巴・四つ巴(?)の大混戦で、
「えーと、誰と誰が戦ってるんだっけ?」となって、あの結末。

4クールでじっくりみせて欲しかった。
または小説化してくれるんだったら、ちゃんと定価で買うよ!

富野監督のセリフって「15分だな」だけ?


消化不良な点はいろいろある。
公式サイトやWikipediaを読んでみてもよくわからなかった。
・レイハントン家のこと、もろもろ。ベルリとアイーダは本当に姉弟なの?
・レコンギスタって結局なんだったの? 成功したのか失敗したのか。
・フォトンバッテリーってなに?(基本すぎる……)
・ルインはなんでマスクだったんだ? クンタラって本当のところはなんだったんだろう。
・ステアとアイーダはただの仲良しだったのか? 内緒話をしていただけ?
・ノレドと法王様は血縁者? 
 ラライヤはノレドの家には行けなかったけど、
 本当はそこらへんになんか伏線があったんじゃないかと思った。
・ラライヤはザンクト・ポルトでどうして急に正気に戻ったんだろう?
・バララって見た目は少女のようだったけど、あの口調や胆の据わり具合から
 実は30〜40代なんじゃないかと思った。考え過ぎか?
・マッシュナーの水着画像はどうやって入手されたんだか……。
・天才クリムはあれでよかったのか? 
 ミックともども敵に回るのかと予想していたが、そうじゃなかったので意外。
・法王様が人質にされたって件があっさり片付けられすぎ!
 主人公一行がそのときその場にいなかったとは言え……。
・クンパ大佐のことが全体的によくわからない。マーダル陛下みたいな人だったのか?
・トワサンガのことも全体的によくわからない。
・ビーナス・グロゥブのことも全体的によくわからない。


消化不良ではあったけど、全26話おもしろかったし、わかりたくて一生懸命観た。
富野監督の作品は女性キャラがとてもいい。
アイーダ姫はもちろん、ラライヤ、ノレド、マニィや、メガ・ファウナのクルーたちや
マッシュナーやジット団メンバーのことも、もっと掘り下げて描いて欲しかったなぁ。
そういえば、夢中になれるような男性キャラはあまりいないかも。
あぁ、でもハッパさん好き(笑)。


| tri | ヲタ | 22:50 | comments(0) | trackbacks(0) | -
赤いマフラー
寒がりなので、家にいるときもエアテックベストを着てマフラーを巻いている。

赤いマフラー

「赤いマフラーがサイボーグ009みたいでカッコいいね」
と相棒が冗談で言ってくれたが
↓「009なら黄色いマフラーでしょーが」とツッ込んだ。




あとになってふと思ったのだが、相棒が言っていたのは
↓古〜〜いほう(1966年・67年版)のことだったのか?



いくらなんでも古すぎる……。なんでそんなの知ってるんだか。


↓あっ! 比較的最近(2006年・2012年)の完結編でも赤いマフラーだったのか〜。



コレまだ読んでなかった。 相棒もまだ読んでないと思うけど……。


そうそう、わりと最近「009 RE:CYBORG」を観た。
絵の美しさが素晴らしい! 内容ともども、二度見するぐらい引き込まれた。
何が起きているのか、誰と戦っているのか、難しすぎてよくわかんなくて、
二度見してもやっぱりよくわかんなかったけど、美しかったからよしとする。

ツッコミどころとしては……
・フ、フランソワーズが大胆になりすぎ! 空中ダイブとか、あんな格好であんなこととか。
・島村ジョー、高校の3年間を永遠に繰り返すなんて辛すぎ! 社会人でいいじゃん!
・008の出番なさすぎ! 予告編にあった場面も割愛されてるような気がする。

008の件がなによりも気になったので、いろいろ検索していたら
↓こんな面白い記事がみつかった。
小原篤のアニマゲ丼「008:ピュンマ博士の告白


 
| tri | ヲタ | 21:22 | comments(0) | trackbacks(0) | -
連邦の量産機か?!
買い物ルートの途中に、玩具の倉庫または物流センターらしき建物があるのだが、
今日そこの前を通りかかったら
↓こんなふうにダンボール箱が山積みになっていた。(カメラを持ってなかったのが無念!)

サイコガンダム

この中にいったいどれだけの数のサイコガンダムが入っていたのやら。
このダンボール箱、欲しいな〜。ダンボールコンポストに使いたいな〜。

 
 
| tri | ヲタ | 20:10 | comments(0) | trackbacks(0) | -
謹賀新年
いつも見てくださっている皆様、ありがとうございます!
本年もよろしくお付き合いください。

2015

脳内BGM
【YouTube】
FF3:ギサール村のテーマ曲「ギサールの野菜」
FF5:ケルブ村のテーマ曲「Harvest」




昨年の大河ドラマ「軍師官兵衛」の最終話を見ているのだが、
官兵衛の死に際のセリフのいくつかが何度聞き直してみてもよくわからない。
「一向に悔いは思い浮かばん」でいいんだろうか?

ウチのPCの漢字変換、「竹中半兵衛」は一発で変換されるのに
くろだかんべえは「黒田官ベエ」になってしまうのはどうしてなんだ?!
だからいつも「兵衛」だけ何らかの方法で付け足さねばならず、面倒くさかった!

 
| tri | ヲタ | 21:06 | comments(0) | trackbacks(0) | -
カリン酒→Karinka→Technotris
♪カ〜リンカ カリンカ カリンカマヤ

相棒がカリンカ(ロシア民謡)を歌っているので「なんでまたカリンカ?」と尋ねると
カリン酒を飲んだら思い出したという。
風邪気味の相棒に、さっき「カリン酒でも飲みねェ」と勧めたから。

カリン酒

カリンカを聴いたら、私はテトリスを思い出した。

1990年ごろ、勤め先のパソコンがまだMS-DOSのNEC PC-98だった頃に
インストールされてたBPS版テトリス! 
(その後、ファミコン版でもプレイしてた気がする。)

このBPS版テトリスはプレイBGMが3曲用意されていて、好きな曲を選ぶことができる。
そのうちのひとつがカリンカなのだった。

【Youtube】
Tetris (Tengen) (NES) Music - Karinka

ちなみに他の2曲は
YMOのTechnopolisにも似たTechnotrisと
ロシア民謡のTroika。

【Youtube】
TECHNOTRIS

Tetris (Tengen) (NES) Music -Troika

私はTechnotrisが好きで、そればっかりBGMにしてた。

↓YouTubeで懐かしのテトリスプレイ画像も見られる♪
Tetris NES (Japan)


テトリスって落ち物パズルの元祖なんだって。そうだったのか。
今は Candy Crush Saga にハマっている。


| tri | ヲタ | 21:29 | comments(0) | trackbacks(0) | -
聞き逃し・撮り逃しの無念
先週末の話。
いつものように農産品直売所かしわでに向かって
大堀川沿いの遊歩道を自転車で走っていると、
風に乗って吹奏楽のメロディーが聞こえてきた。
かしわでまでの道筋、やけに人出が多いと思っていたが、イベントの日だったのか。

聞こえているのは「ジョジョ〜その血の運命〜」
(アニメ「ジョジョの奇妙な冒険」第1部オープニングテーマ曲
の一部のように思える。(なーんて、聞き違いだったら恥ずかしいけど……)
すごくカッコ良い! この曲、ボーカルなしのほうがいいのでは?!
演奏はメドレーだったのか、現地に着くまでに別な曲に変わっていた。
あと10分早く出発してればもっと近くで最初から最後まで聴けたのに残念!
演奏していたのは市内の麗澤中学吹奏楽部のみなさんであった。
もう一度聴きたい。また機会があるといいな。

かしわでで買い物を済ませ、その足でショッピングモールのモラージュ柏へ。
モラージュ柏では、京葉ガスが何か販促活動をしており、
なんと、がすたんの着ぐるみが来ていたのだった。
うぎゃ〜! 居るとわかっていればカメラを持ってきたものを! 悔しい〜!
 
| tri | ヲタ | 17:02 | comments(2) | trackbacks(0) | -
科学の忍者も語呂重視
仕事中、ふと、科学忍者隊ガッチャマンのことを考えていた。

科学忍者隊のメンバー5人は
  大鷲の健
  コンドルのジョー
  白鳥(しらとり)のジュン
  燕(つばくろ)の甚平
  みみずくの竜
と、鳥の名前+本名 の古風な呼び名で呼ばれている。

コンドルのジョーの本名はジョージ朝倉なんだけど「コンドルのジョージ」ではないんだなぁ。
語呂重視の呼び名なのか。というか、イタリア人ならジョルジオとかじゃないのか?

ここでまたふと思った。
5人の本名がタカシとかカズミとかマサヒコとかイチロウとかロベルトとか
そういう一般的な名前だったら……

大鷲のタカシ
コンドルのロベルト
白鳥のカズミ
燕のマサヒコ
みみずくのイチロウ


……科学忍者隊のイメージが変わる! なんか一般人っぽいよなぁ。

朝ドラ「花子とアン」の劇中劇でのセリフで
「もしバラがアザミやキャベツという名前だったら、同じように香らないのではありませんか?」
というのがあったけど、まさにその通りかも。


ところで、みみずくの竜って17歳だったんだ! 30代だと思ってた。ずっと。

【Wikipedia】
科学忍者隊ガッチャマン

 
| tri | ヲタ | 01:49 | comments(0) | trackbacks(0) | -
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

このページの先頭へ