沼端系

 
模様としての英文――英字新聞

何年か前、知人がイギリス旅行のおみやげに英字新聞をくれた。
「ラッピングに使ってね」と。(もちろん、私には読めない)

 

長らく使う機会がなかったのだが、この春
職場の園芸部の活動で咲かせた花をコレに包んで
みなさんにお配りしたら大好評。
地味な花でもオシャレに見せてくれる、目くらましアイテム。

 


↓試しに、ふだん読んでいる日本語の新聞で包んでみたら…
 

直売所で売っている仏花や野菜みたいだ。

(それはそれで馴染みのあるものだけど)
同じ新聞紙なのに、こうも違うものか。

 

 

ところで近年の印刷技術の発達で、日本の新聞と同様、
イギリスの新聞でも大きなカラー写真が多用されている。

 

 

ラッピングに使うんだったら、前世紀の新聞のような
「白黒」「文字多め」「線画イラスト」「小さな写真広告」
のほうがむしろオシャレに見えるんだろう。

 

 

 

| tri | 雑談 | 17:52 | comments(0) | trackbacks(0) | -
冬の景色

 

1月22日(月)夕方から雪。
仕事を終えて帰ろうとしたら、自転車の前カゴの中まで雪だらけでびっくりした。
駐輪場所は北側で、吹き溜まりになっていたらしい。

 

 

思いのほか いっぱい降った。

 

 

1月24日(水) 柏の葉公園の朝。

 

 

雪の凹凸の陰影と、ロウバイの花。

 

 

水たまりにできた氷の結晶(?)

 

 

 

池の縁の枯れ葦をパリパリやっていたエナガとシジュウカラ。中に虫がいるんだろうか。

 

 

やっと顔が撮れた! コゲラ。いつも背中しか撮れないのよね〜。

 

よそのマンション前にいた陽気な雪だるま。

 

 

ウチのベランダではバケツや睡蓮鉢にも氷が張った。

 

 

この寒さのせいか、多肉のアロマティカスが一部変色してしまった。
何年も飼っているけど、こんなことは初めて。
金のなる木も例年よりも落葉が多い。
どちらも南アフリカ原産で、熱帯植物ってわけでもない。
同じ南アフリカ原産のフリージアやディモルフォセカは元気にしているのになぁ。

 

 

 

| tri | 雑談 | 20:43 | comments(0) | trackbacks(0) | -
傑山派

この10月期は見たいドラマがいくつもあって、ビデオ視聴が追いつかなかった。
「トットちゃん!」をなんとか全話見終わって、「プリズンホテル」「精霊の守り人」は手付かず。
「おんな城主 直虎」は11月録画分にようやく辿り着いたところで大晦日になってしまった。

 

「おんな城主 直虎」が❝イケメン大河❞とも言われていたということは最近知った。
私が気になっていた人物は、政次よりも直親よりも傑山だった。
第4話、龍潭寺の山門で おとわをポイっと投げる場面から始まって
いつも笑みを浮かべたような表情で腕組みして仁王立ちしてて、
「誰、この人?!」って感じだったのが、だんだん好感度アップ。
口数が少なくても、ここぞという時には頼りになる。

 

傑山

傑山サマ、イカス〜!

 

 

傑山のほかだと、織田信長の凄みのある美しさには目を奪われた。
イケメン以外でも、今川義元とか南渓和尚様とか方久とか徳川家康とか、
寿桂尼様や佐名様や瀬名などなど、
中心人物からちょっと離れたあたりに心惹かれた大河ドラマだった。
まだ2ヶ月分の録画が残っているので、それは年が明けてから。

 

 

 

 

| tri | 雑談 | 23:03 | comments(0) | trackbacks(0) | -
ハンカチネズミ

昨日の朝、ハンカチネズミのことを突然思い出した。
小学生の頃によく作って遊んだものだけど、あれ、どうやって作るんだっけ?


作り方をまったく思い出せない。ネット検索で見つかるだろうか
……と、検索してみたら、あっさり見つかった。


なぜか、All Aboutの料理関連のページに掲載されていたのが

↓コレ。
「冬の昔遊び ハンカチネズミの作り方」

 

 

ハンカチネズミ

できた!

 

ハンカチネズミ

チューチュー

 

 

 

 

| tri | 雑談 | 21:47 | comments(2) | trackbacks(0) | -
ラグジュアリーなペット用品

7月から、物流センター内でペット用品ピッキングの仕事をしている。
犬・猫関連品の扱いが圧倒的に多いが、小動物・小鳥・魚・虫の関連品も取り扱っている。
どのジャンルも想像を超えた多様さで「こういうの、あったんだ〜!」と驚きの連続。

 

 

↓ウサギ・リス・ハムスター向けのおいしそうな乾燥フルーツ。

 

 

↓これは使ってみたい! 小鳥用品。(おや?よく見ると小鳥の画像が使い回し……。)

 

 

 

魚関連では、エサの種類の豊富さに圧倒される。

 

●キンギョ・メダカ・川魚・ニシキゴイ・ウーパールーパー・ベタ・プレコ・カメなど、魚種別
●産卵繁殖用・色揚げ用、胚芽入り、沈下性/浮上性など、用途別
●小粒・大粒、100g入・300g入・500g入・1kg入・4kg入など、大きさ・容量別

 

4kg入りのニシキゴイのエサを購入する人って、

大きなお庭の大きな池にニシキゴイをいっぱい飼ってる人なのかなぁ。

4kg×4袋をコンテナに入れたら重くて大変!

 

 

↓こういうのもお店で買う時代になったとは……の、虫用品。

 

 

 

 

 

↓犬用の音の出るおもちゃに新手が! 面白いので鳴らしてしまう!

 

 

 

↓これは猫用のポピュラーなドライフード。

 

袋の材質やカラーリング、中身がジャラジャラ動く音がチョコフレークっぽくて、
ピッキングしていたらもうチョコフレークのことしか考えられなくなった。
で、帰りがけに買っていった。(もちろん、チョコフレークを)

 

 

 

 

| tri | 雑談 | 19:51 | comments(0) | trackbacks(0) | -
async

坂本龍一のアルバム「async」を買った。

 


Amazonのレビューを見ると、高評価6割:低評価2割ぐらいの感じで

好みが分かれるようだが、試聴をして気に入ったので、

少々高値だなぁと思いつつも購入を決めた。買ってよかった!


YMOの「BGM」とか、アニメ「オネアミスの翼」のサントラの曲の印象に近いような。

美しい旋律のピアノ曲もあれば、すごい不協和音の現代音楽や、眠くなりそうな単調な曲もあり、どれも好き。
なかでも「stakra」が特に好き。まばゆい光の氾濫のようなイメージ。

 

「tri」というタイトルの曲もあって、興味を持った。
3つのトライアングルで演奏されるこの曲は、曲というよりはウィンドベルの音色のよう。

 


このアルバムは「架空のタルコフスキー映画のサントラ」というコンセプトだという。
私はタルコフスキー監督の作品をこれまで観たことがなかったので、機会があったら観ようと思った。

 


坂本龍一氏、いつの間にか総白髪のおじいさんになってしまったのね…。

ところで、眞子内親王のご婚約のニュースに伴ってニュースでたびたび見かける
秋篠宮殿下が、坂本龍一みたいに見えた! 
 

秋篠宮殿下(似顔絵イラストメーカー) 坂本龍一(似顔絵イラストメーカー)

 

似顔絵イラストメーカーで似顔絵を作成してみたら(あまり似てないけど)

髪型・髪色と顔の輪郭が似ているだけで、他のパーツは全然違うってことがわかった。

 

※坂本龍一の似顔絵は鼻下の線だけ加筆しました。

| tri | 雑談 | 16:25 | comments(2) | trackbacks(0) | -
万華鏡、試作中。

流山の万華鏡ギャラリーで購入した「万華鏡手作りキット」の

ミラー部分だけ組み立てて花や画像を覗いて面白がっていた

2017年7月3日の記事参照)が、その後は

透明ケース(オブジェクトセル)への封入パーツをいろいろ試している。

 

手作り万華鏡キット 手作り万華鏡キット

↑手作りキット、ミラーまで組み立てた。

 

万華鏡手作りキットに付属していたビーズ類

↑キット付属のビーズ類を封入するだけでも十分にきれいなんだけど


●もっと自分好みの色や形にしてみたい
●ギャラリーで見た万華鏡のようなゆっくりした動きにしたい
というわけで試作を続けているのだった。

 

 

(1)自分好みの色や形に……

 

百均で買ったビーズ類 百均や手芸用品店で買ったビーズ類

↑百均や手芸用品店で見つけてきたネイルパーツやビーズ類いろいろ。

 

レースプレート

↑ヴィクトリアン調のレースプレート、手芸用品店のセールでゲット。


 

パールカラーおりがみ パールカラーおりがみ
↑これも百均で買ったパールカラーおりがみ。
セロファンの表面に加工してあって、オパールもしくは真珠層のように虹色に輝く。

 

パールカラーおりがみ パールカラーおりがみ

パールカラーおりがみ パールカラーおりがみ

↑くしゃくしゃに丸めて水に入れると一層効果が引き立つ。

 

 

(2)ゆっくりした動きに……


オブジェクトセルにオイルを充填することで、パーツがゆっくり落下する。
作家さんは濃グリセリンというものを使うらしいが、


洗濯のり

↑安価な洗濯のりでも代用できると教えてもらったので買ってきた。

750mlも入っていて180円ほど。こんなにたくさん必要ないんだけど。

 

 

百均で買ったクリームケース

 

キット付属の透明ケースを使う前にいくつも試したかったので、
クリームケースも百均で買ってきた。(3個入りで100円。セリアにて)

 

 

百均で買ったクリームケース3個組百均で買ったクリームケース3個組

フタ側に文字と絵がついてるが、底側から見るのであまり影響しない。

3つのうち2個に洗濯のりとパーツを入れてみた。
 

 

万華鏡手作りキットの筒とクリームケース 万華鏡手作りキットの筒とクリームケース

このクリームケース、キットの筒にぴったり嵌る!
接着しなくても固定できて、交換も簡単なのがいい。

 

万華鏡視野

↑覗いてみるとこんなふう。

 


↓以下、YouTubeにアップした動画。

 

 

 

 

 

↓これはオブジェクトセルに液体を入れていないタイプ。

 

| tri | 雑談 | 17:29 | comments(0) | trackbacks(0) | -
Candy Crush Saga の UFO

Candy Crush Saga のレベル846から登場するUFOが

 

Candy Crush SagaのUFO Candy Crush SagaのUFO Candy Crush SagaのUFO

 

Candy Crush SagaのUFO Candy Crush SagaのUFO Candy Crush SagaのUFO

 

浅田飴の缶の模様に似てるんで、面白がって買ってきた。
実は浅田飴を買うのは初めてのこと。医薬品なのね、コレ。

 

 

浅田飴の缶

 

冬まで出番なしと思っていたら、
夫婦揃って夏風邪をひき、すぐに役に立ってしまった。

助けてくれてありがとう、浅田飴。

Candy Crush SagaのUFOにもいつも助けてもらってる。

 

 

↓これは2年ぐらい前に作った“実写版”。
↓大きさの比率的に、残念ながら浅田飴UFOは組み込めない。

 

Candy Crush Saga Candy Crush Saga

 

Candy Crush Saga

| tri | 雑談 | 11:07 | comments(0) | trackbacks(0) | -
Physical

諸般の事情により、またまたまたまた職を変えた私が今働いているのは
○○PDセンターと呼ばれる物流センター。
ところで、PDセンターの「PD」ってなんだろう? 先輩にたずねてみる。
先輩も知らなかったそうで、その場で即調べてくれたところ
「Physical Distribution」の頭文字であるという。
Physicalって「肉体」とかいう意味じゃなかったっけ?

 

帰宅後に改めて調べてみると、
「Physical Distribution」=「物的流通(物流)」だそうだ。
だったら「PDセンター」より「物流センター」のほうがわかりやすいのに……。

 

各々の単語の意味も追ってみる。
Physicalは「肉体の」のほか、「物質の」「物理的な」という意味があり
「spiritual」や「mental」の対義語であるという。なるほど〜。

 

「Distribution」は「分配」「配送」「分布」の意味のほか
商業用語として「流通」の意味を持つらしい。そうだったのか。

 

 

昨今の物流センターはどこもそうなのかもしれないが、
私の職場では、スタッフ各自がバーコードリーダーを持ち、
ピッキングリストに従い注文品をピッキング、
バーコードを読み取りながらコンテナに入れていく。
間違った品をピッキングしても、バーコードリーダーが
「それ違うよ〜」的なアラームで教えてくれるので
初心者でも安心だし検品の必要もない。20年前とは全然違う!


私が働いているフロアはペット用品を取り扱っていて、
ペットフード、ケア用品、トイのほか、骨壺まで、
びっくりするほど多様な品がある。

 

先日、ピッキングリストにカタカナで
「ギンスプ カブニョウロ」という商品名が書かれていた。
なにそれ?! と思いながら現物をピッキングしてみると、それは
「銀のスプーン 下部尿路の健康維持用」
というキャットフードであった。
こういうジャンルがあることを知らなかったが、
猫を飼っている人にとっては常識なんだろうか。


犬用品のエリアには、可愛いおもちゃや
音の出るおもちゃがあり、ピッキング中に和んでしまう。
なかでも特に可愛いと思うのが↓この2点。

 


でも、これ可愛いと思うのは人間のほうだけで、
犬はなんとも思わないんだろうな〜。

 

 

| tri | 雑談 | 14:54 | comments(2) | trackbacks(0) | -
「俺は、馴染みの花屋に向かった」

NHKの連続ドラマ(?)「植物男子ベランダー」のロケ地へ行ってみた。
麻布十番のマンションのほうではなく、
二子玉川の瀬田アートトンネルとガーデンアイランド(玉川高島屋S・C)を見てきた。


東急田園都市線に乗るのは20年ぶりぐらいか?!
事前に所要時間とか乗り継ぎ駅を調べておこうと、いつものようにジョルダン
「二子玉川園」と入力するが、駅名候補が「二子玉川」しかない。
おや?と思って調べてみたら、2000年から「園」の字が取れて
ただの「二子玉川」になっていたのね。
新玉川線という名称もなくなっていたとは知らなかった……。

 

20ウン年ぶりに降りたった二子玉川駅はとても賑わっていて
緑と街が調和していて美しい。


玉川通りを十数分北上したところに瀬田アートトンネルはある。

 

瀬田アートトンネル

 

「俺は、馴染みの花屋に向かった」

 

「俺は、馴染みの花屋に向かった」

 

「俺は、馴染みの花屋に向かった」の場面で使われるトンネル。

 

トンネルを抜けてすぐのところにあるのがガーデンアイランド。

傾斜地にあるので、こちらがわの入口は地下2Fにあたる。

 

「俺は、馴染みの花屋に向かった」

 

ベランダーがいつも乗っているエスカレーターで1Fまで上がり
さらに階段を昇った2Fにある園芸店プロトリーフへ。

 

園芸店プロトリーフ


ここの店内がベランダーの「馴染みの花屋」なのだった。
ドラマで見るのと同じ、外光が射し込む広いお店だった。

 

以上、「植物男子ベランダー」のロケ地探訪でした。

 

 

鮮やかな色のミキサー車
↑玉川通りで見かけた鮮やかな色のミキサー車。これが4台も居て、
ミキサー部がぐるぐる回転している姿はサイケデリックだった。
芳賀建材工業と書かれている。

 

 

| tri | 雑談 | 19:19 | comments(0) | trackbacks(0) | -
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

このページの先頭へ