沼端系

 
東京新聞の連載小説「本心」

東京新聞朝刊に連載されている小説「本心」が面白くて、毎朝続きを楽しみにしている。


貧富の格差が拡がって、超えられないほど大きな溝になってしまっている近未来の日本が舞台。
AIや仮想現実が日常的に存在し、多くの人がそれを当たり前に利用している世の中でもある。
主人公も「リアル・アバター」を職業としている。
主人公にとってかけがえのない人が事故死してしまい

その喪失感を埋めるために制作されたバーチャル・フィギュアとの生活が始まる。


↓著者・平野 啓一郎氏による「本心」のサイト。
↓あらすじ、プロローグ、第一章の試し読みができる。
https://k-hirano.com/honshin


その続き、第二章以降も東京新聞サイトで読める!
↓連載小説「本心」の記事一覧

https://www.tokyo-np.co.jp/article/feature/honshin/

<1〜11>あらすじ、プロローグ、第一章
<12〜>第二章以降

 

 

私がインターネットを始めたばかりの1990年代後半、

「人工無脳(チャットボット)」との会話を面白がったことがあった。
近年ではAIアシスタント「siri」とか
昨年末(2019年末)の紅白歌合戦に登場した美空ひばりのAIとか、
そういうものの延長線上にバーチャル・フィギュアがあるのだろう。

 

人がプログラムしたものだとわかっているのに、
対話しているとAIが感情や知性を持っているように感じてしまう不思議さ。

 

大好きな作家アーサー・C・クラークの作品にもそういうAIが登場する。
「2001年宇宙の旅」のHAL9000とか
「宇宙のランデヴー」の続編に登場するニコルの姿や言動を模したロボットとか。

SF小説に登場する技術が現実化するのを私たちは目の当たりにできるんだろうか。

 

そして新聞小説「本心」の作中のバーチャル・フィギュアはこの先どうなっていくんだろう。
目が離せない。

| tri | 雑談 | 22:30 | comments(0) | - | -
2〜3月は耳がhub

ハブ(hub)とは
円形または放射状の回転部品における軸付近の部位または構成部品 

 

ハブ(hub)
↑つまりこういう部分のこと。

 

 

私は両目の裸眼視力が0.04ぐらいなので、入浴時と就寝時以外は常にメガネをかけている。
そして横髪が顔にかからないようにカチューシャをつけていることが多い。
さらに、冬季(12〜3月)に自転車に乗るときは耳が冷えないようにイヤーマフを着用。

(後ろから挟むタイプ)
スギ・ヒノキ花粉の飛散時期(2〜4月)はマスク着用。

 

2〜3月は耳がhub

 

というわけで、2〜3月は耳を支点に4アイテムを着用することになり
「なんでもかんでも耳にかけすぎだろう」と自分でも思うのであった。


人間の耳がこの位置でこの形だからこういうことができるが、
犬や猫のようにもっと上のほうにあって三角に突き出ていたり
鳥や爬虫類のように ただ穴があるだけだったらできなかったね、これは。

 

 

 

| tri | 雑談 | 19:14 | comments(0) | - | -
サイン

倉庫でピッキングや検品などの仕事をしている。
ピッキングリスト(出荷指示書)に従ってピックや検品をする作業者は
↓このように、作業後にリストにサインをするかネーム印を押印する。

誰が作業したかわかればいいので、漢字でもカナでも頭文字だけでも
走り書きでも汚い字でもお咎めなし。

 

私はシャチハタのキャップレスを使っている。サインするより楽で早いので。

落としたり置き忘れたときに目立つようにデコシャチに。

 

 

自分が押印するとき、前行程の人のサインやはんこが ふと目に入る。

 

↑外国籍のスタッフが慣れないカタカナでがんばってサイン。


↑ある日、サインからネーム印に変わってた! 
「ダグラスさん、シャチハタ作ったんだね〜」

 

↑こんな可愛いネーム印もあると知った。

 

↑同姓が何人か居てもサインに個性があるので、多分どの人かわかる。

 

↑同姓ネーム印も書体が違ってたり。

 

↑見えないのでインク補充してください。

 

↑ある日、こんなサインがしてあって

 

「………… ピックしたのはトキ?!(「北斗の拳」の登場人物) 」と思ってしまった。

いやいや、名前じゃないよ。そういう姓の人だってば!

 

 

 

※記事中に出てくるネーム印やサインの画像は再現画像です。

 

 

 

 

 

| tri | 雑談 | 21:22 | comments(0) | - | -
キャッシュレス還元サービスをPASMOで

昨秋から「キャッシュレス・ポイント還元事業」というのが始まったのはなんとなく知っていたが、
私はスマホを持ってないし、ネット通販以外ではクレジットカードを使う気もないし
デビットカードを作る予定もないので、自分にはあまり関係ない話だと思っていた。

 


年明けて1月。
毎週のように買い物している農産物直売所「かしわで」の店頭にも
「キャッシュレスで5%還元」のポスターが貼られているのに気づいた。
(多分10月から貼ってあったのだろうけど目に入ってなかった)
そしてポスターをよくみてみるとPASMOによる支払いでも還元されると書いてある。
PASMOなら持ってるし、それで還元されるなら使ってみようかなと思い立つ。

 

普段電車に乗るときに使っているPASMOとは別に、
なにかの理由で作ったPASMOが引き出しの奥にしまってあるので

それを買い物専用に使おう。まずはチャージだ!

と、駅の券売機でチャージしようとしたらできない。
10年以上も寝かせてあったので失効していたらしい。
身分証明を持って有人改札まで出直し、失効PASMOの残金とデポジット料金の払い戻しを受ける。
そして新たにPASMOを購入・チャージした。

 

 

2月第1週、「かしわで」で買い物してPASMOで支払う。
即時還元されるものと勝手に思い込んでいたのだが、レシートを見てみると還元されていない。
おや? ではいつどうやって還元されるんだろう?
この日は時間に余裕がなかったので、その件はとりあえず保留。

 

2月第2週、また「かしわで」で買い物。前週の疑問をレジで尋ねてみた。
クレジットカードならば引き落とし時に還元されるが、
PASMOの場合はどうなのか、レジの人にもわからないということで
すぐに事務所に問い合わせていただいた。

で、わかったのは、
「まずはネットでPASMOの登録手続きをする必要がある」ということ。
そうなのか……。思ってたよりも手間がかかるなぁ。

買い物帰りに自転車を漕いでいるときも、

そのことが気になって他のことを考えられない(笑)。


帰宅してすぐに「キャッシュレス還元 PASMO」で検索してみると、
PASMO(パスモ)キャッシュレスポイント還元サービス
というキャンペーンサイトが表示された。

 

とてもわかりやすいサイトで、ここから登録もできるので早速登録してみる。
氏名はもちろん住所や電話番号などの個人情報も入力する必要がある。
(まぁ、そうだろうとは思っていたけど)
ただし銀行の口座番号などは必要ない。
なぜなら、ポイント還元を受けるために駅まで出向かねばならないシステムなので。


ふぅ。これでようやく還元を受けられる。
と言っても次に還元を受けられるのは4月らしい。

 

 

 

 

| tri | 雑談 | 19:10 | comments(0) | - | -
長ネギ長めに斜め切り

長ネギ長めに斜め切り


「長ネギ長めに斜め切り」って早口で言ってみて!

 

ながねぎながめぎながめぎり……?

 

 

 

 

 

 

| tri | 雑談 | 21:42 | comments(0) | - | -
ある日の聞き間違い

数日前、道路で信号待ちをしているパトカーのスピーカーから流れる放送が
こんなふうに聞こえた。

 

 

「料理が完璧になるという電話がかかってきたら詐欺です。

 すぐに警察に連絡してください」

 

? なんのことかよくわからない。繰り返される放送をもう一度聴いてみる。

 

「料理の還付金があるという電話がかかってきたら詐欺です」


あ、なんだ。還付金詐欺への啓発だったのか。

でも冒頭部分、本当は何て言ってるんだろう?
もう3回ぐらい聞き直してみてやっとわかった。

 

「医療費の還付金があるという電話がかかってきたら詐欺です」

 

医療費と言っていたのか。「料理」にしか聞こえなかったよ〜!

耳の聞こえが悪いというよりは、聞こえた音声が脳内で正確な単語に結びつかない感じ。


このごろテレビのドラマ(録画)を見ていてもセリフが正しく聞き取れないことが多くて
いつも字幕を出して見ているのだった。

また面白い聞き違いがあったらブログのネタにしよう。

 

 

そうそう、同じ日の新聞にこんなのが載っていて笑った。


「じいちゃんが『病院に芋洗いしに行く』と言い出したので
 なんのことかと思ったら『病院にMRIしに行く』の聞き間違いだった」

 

 

 

 

| tri | 雑談 | 22:18 | comments(0) | trackbacks(0) | -
THマーク

職場の人が↓こんなトートバッグを肩から下げていたので

 


「阪神タイガース?! ファンなんですか?!」
ときいてしまった。

 

そしたらその人
「阪神じゃないよ〜。トミー・ヒルフィガー。他の人にも言われたけどね〜」
と笑った。


え、そうだったのか……。

 

↓トミーヒルフィガー パッカブルトート

https://wear.jp/item/22236423/

 

 

 

| tri | 雑談 | 22:33 | comments(0) | trackbacks(0) | -
固定電話へのワン切り電話、その正体

日中でも深夜でもお構いなしにかかってくるワン切り電話に大迷惑している。
なんとなくだが、人ではなく機械によるものと考えていた。
それにしても意図がわからない……と長らく思っていたところ。

 

ごく最近、新聞の「電話の世論調査 RDDとは」という解説記事を読んで
「これだったのか!」と思い当たった。


RDDとはランダム・デジット・ダイヤリングの頭文字で、
コンピュータで無作為に抽出した番号に電話して回答を得る方式。
調査手順は次のとおり。

 

(1)まずは電話番号リストを作る。
 固定電話の場合、市外局番+市内局番の上六桁まではエリアごとに決まっているので
 残り4桁を乱数で追加して、仮のリストを作る。


(2)仮のリストの番号が実際に使われているかどうか、
 自動発信電話で確認する。これがワン切り電話の正体!


(3)(2)でチェックして実際に使われているとわかった番号に調査員が電話し、
 調査対象者と直接話して回答を得る。


なんということだ! 
大迷惑なワン切りの正体が世論調査の前段階だったとは。
いますぐやめてほしい。

 

※固定電話へのワン切りは、今回わかったRDDの前段階のほか、
「与信情報を調べる会社がかけている」という情報もある。

電話加入権ドットコム

固定電話にかかってくる「ワン切り」について

 

 

 

| tri | 雑談 | 22:05 | comments(0) | trackbacks(0) | -
緑で赤で青

仕事で歯科用品を取り扱っている。
入荷検品をしていたときに「グリーンルージュ 青棒」という名称のアイテムに出会った。
箱に収められていて、どんな品物なのか直接見ることはできない。

 

グリーン(英語で緑)ルージュ(フランス語で赤)、青棒?!
緑なのか赤なのか青なのか。



帰宅後に調べてみると、ルージュとは酸化鉄でできた研磨材のことらしい。
手のひらに乗るぐらいの大きさの棒状に成形されていて、
回転する工具にこれを塗りつけて研磨に使う。
推測だが、赤い色の酸化鉄でできているからルージュと呼ばれるんだろうか。

赤い色で棒状だから通称 赤棒。

現在は酸化鉄ではなく酸化セリウムを主成分とするものが主流だとか。

この赤棒に似たものに「トリポリ」というのがある。
これも仕事で見たことがある。赤レンガか砥石みたいな。
トリポリは、酸化ケイ素を原材料とする研磨剤らしい。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

TRUSCO トリポリ 135X45X30(品番:TK-135A)『7737831』
価格:498円(税込、送料別) (2019/5/2時点)

 

 

 

酸化鉄以外でできた研磨剤もルージュと呼ばれることがあるそうだ。
私が仕事中に見たグリーンルージュもそのひとつ。
緑色の酸化クロムでできた棒状の研磨剤だからグリーンルージュ、

通称 青棒。(※日本では緑色を青と言うからね〜)

これで謎が解けた。

 

 

 

このほかにも酸化アルミニウムでできたホワイトルージュ(白棒)や、
原料は未確認だがイエロー、ブルー、ブラウンなどのルージュがあるみたい。

セットで売っていたりもする。

 

歯医者さんでもこういうのを使って

クラウンだの詰め物だのを研磨してたんだなぁ。

 

 

 

【参考サイト】

 

ヰチバフォン テキトー百科事典 研磨剤

 

研磨と研磨材の種類 青棒、白棒、赤棒の違い

 

 

| tri | 雑談 | 21:30 | comments(6) | trackbacks(0) | -
三県境を行き来する

相棒の提案で、渡良瀬遊水地に行ってきた。
目的は鳥見、そして遊水池近くの「道の駅きたかわべ」で なまず天ぷら定食を食べること。

 

東武線を乗り継いで1時間半。柳生駅で下車するはずが、
間違えて一つ前の新古河駅で降りてしまった。
駅舎を出るまで私も相棒も気づかなかった!! 寝ぼけてる?!
新古河駅も渡良瀬遊水地の最寄駅のひとつであり、土手沿いに一駅歩いてもよかったが、
結局、30分後の次の電車に乗って柳生駅まで行った。

 

柳生駅から「道の駅きたかわべ」に向かう道を歩いていると、

「三県境はこちら」という案内板があるのに気づく。
そういえば、ここらへんに埼玉・群馬・栃木県の県境があるってネット記事で読んだことがある。
すぐ近くらしいので寄ってみることにした。

ネット記事で見たとおりの三県境がそこにあった。

 

 

 


ここは私有地のようで、土地のオーナーさんや地元のかたが協力して整備したんだろうか。
手作りの看板があったり案内の人がいて「三県に納税している」なんて話をしているのが聞こえる。

 

県境をまたいでみる。

 

今日の目的地のひとつ「道の駅きたかわべ」への道しるべもある。

じゃ、行きましょか。

 


堤防の上にある白い屋根「道の駅きたかわべ」を目指して歩く。

 

到着してみて初めて気づいた。「道の駅きたかわべ」は現在改装工事中で
レストランもレンタサイクルも利用できないということに。orz

(ショックすぎて撮影するのも忘れた)
改装工事はまったく想定外のことで、事前に調べてもいなかった。なまず天ぷら定食が〜!!!

 

嘆いていてもはじまらない。
レンタサイクルは遊水池内のセンターでも借りられるのがわかっていたし
自転車があれば、食事できる店へも行けるだろう。
まずは徒歩で遊水池内の遊歩道を行くことにした。

 

道の駅から遊歩道へと向かう堤防沿いの道に県境の表示が!

 

 


このエリアは群馬県・栃木県・埼玉県の境界線が入り組んでいる。

どうしてそうなったのやら。

 

 

 

渡良瀬遊水地 入り口に到着。

次回につづく。

 

 

 

| tri | 雑談 | 14:34 | comments(0) | trackbacks(0) | -
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

このページの先頭へ