沼端系

 
日々、進歩するアレックス

餌入れの中の餌や青菜を食べ物と認識できなかったジャンボセキセイのアレックス。

小鳥たちに大人気の豆苗を差し出してみても……

渋い顔で「いりません」。(6月28日時点)

 

過去に飼ったコたちは、なんでも躊躇なく食べたりかじったので、
「どうやったら食べてくれるか?」なんて悩んだことはなかった。

 


どうなることかと思ったが、アレックスはいろんなことに突然気付くらしい。

餌入れのそばに目印に粟穂を取り付けたのが功を奏したのか、
ある日餌入れから食べてくれるようになった。

 

豆苗も、あきらめずに毎日鳥かごに取り付けたり、
鳥かごの床に落としておくようにした。
すると、かごの床でしなびた豆苗をモグモグするようになり、
今では進んで食べにくるようになった。

 

(7月1日、豆苗を食べるアレックス)

 

 

一時期、人を拒絶しているように感じるときがあり、
手乗りにならないんじゃないかと心配したが、
今では頭も掻かせてもらえるようになった。

やっと仲間と認めてくれたのね。
今度こそ、人語も覚えてくれるといいな。
毎日「オハヨー」と呼びかけている。

 

 

 

| tri | | 23:07 | comments(0) | trackbacks(0) | -
ジャンボセキセイ・アレックスの個性

2016年の春にジャンボセキセイのマックスが他界してから二年余、
久々に鳥との生活が始まった我が家。

 

鳥かごは保管してあったが、エサ類はなにもないので新たに購入。
お店の人に勧められるままにいろいろ購入したら、思いのほか高額になってしまった。


 

6月20日、ふやかしたエサをスプーンから食べるアレックス。
セキセイインコの雛は食餌時に大声でおねだり鳴きをするものだが、
アレックスは無言で食べる。
ジャンボセキセイは皆そうなのか、それともこのコの個性なのか。

 

 

6月20日の体重。食前36g、食後41g。

 

このコは多分、生後30日以上経っている。
巣立ち期だから、ふやかした餌を食べる量が徐々に減っているし、
飛び立ちたくて落ち着きがない。

 

6月24日、「ふやけたメシはもういりません。」

 

 

 

このコは、これまでに飼った通常のセキセイの雛とはどこか違っている。
本能ではなく意思(意識・認識)を持って行動してる感じ。

 

このコの目の前に指を差し出して、乗るように促しても、気乗りしなければ
「乗るのは嫌です。自分で行きます」とでも言うように抗議の声を出す。
(素直に乗ってくることもある。)

 

6月27日現在、ふやけた餌はもう食べないので、

鳥籠の床に撒いた乾いた餌や粟穂を食べてもらっている。
困ったことに、餌入れの中の餌や青菜は

食べ物と認識できていないようで、まったく口をつけない。
どうやったらわかってもらえるだろうか。
付き合い方を摸索中。

 

パソコンディスプレイの上にとまってギョリギョリするアレックス。

 

 

 

| tri | | 09:46 | comments(2) | trackbacks(0) | -
サマージャンボ・セキセイインコ

2018年6月16日、我が家にジャンボセキセイの雛がやってきた。
命名アレックス。たぶんオス。

 

 

 

ジャンボセキセイのオスの雛をお迎えしたいと予てから思っていたが、
ジャンボセキセイはまだ珍しく、成鳥ですらショップで見かけることはほとんどない。
行きつけのショップでは、注文すれば雛の取り寄せも可能なのだが性別を選べない。
(※雛のうちは性別が判断できないため)
手乗りのおしゃべりインコにするのが夢なので、どうしてもオスの雛がいい……。

 

 

そんなこんなでなかなかお迎えできずにいたところ、
この春、職場の人から
「『ペットのデパート東葛』の店舗に、わりと頻繁にジャンボセキセイの雛が入荷する」
という情報をいただいた。
そこで最寄りの2店舗(流山店・新松戸店)に足を運んだが、運命の出会いはなかった。

 

一方で江東区・住吉駅近くの小鳥専門店・美鳥園も見に行ってみた。
この美鳥園の店主さんは雛の性別も判別できるそうだが、
残念ながらジャンボセキセイを取り扱っていなかった。
(※美鳥園は希少カラーのライラックセキセイや、サザナミインコに特に力を入れている。)

 

 

情報をいただいてから3週間ぐらいが過ぎたろうか。
今日見つからなければジャンボセキセイは諦めて、
普通のセキセイのオスの雛で妥協しようかと思いながら
もういちど『ペットのデパート東葛』の流山店と新松戸店を見に行った。

 

流山店には、前回見に行ったときからいるジャンボセキセイの若鳥が一羽。
鳥かごに触れただけで不機嫌そうに攻撃してくるし、
ロウ膜の色が白〜うす青色であることからメスっぽい。
店長さんの見立てでもメスっぽいとのことなので諦める。

 

最後の望み(?)新松戸店の売り場に行くと、
ジャンボセキセイの雛が二羽入荷していた。
そのうちの一羽、ブルーと白のパイドのコはそこそこ人懐っこく、
ロウ膜の色は紫っぽいピンク色。たぶんオスだ!
店長さんの見立ても多分オス。

 


巣立ち間近だから差し餌も朝夕の二回でいいという。
これ以上の好条件はないので、お迎えを決めた。(つづく)

 

 

 

| tri | | 18:33 | comments(0) | trackbacks(0) | -
そら豆の薄皮、どちら側に切れ目を入れるべきか?

今が旬のそら豆。年に一度ぐらいしか食べないので
(いや、それどころか去年は食べてなかったかも……)
茹で方を忘れてしまった。

 

ネット検索してみると、莢ごと茹でる方法 or 莢から出して茹でる方法、
莢から出す場合、豆の薄皮に切れ目を入れると皺にならない等々
役立つ情報がいっぱい。

 

実家にいたころ、母は切れ目を入れずに茹でていたから、
薄皮を剥くのが少し面倒だったことを思い出した。
切れ目があったら食べやすいね!

 

 

ところでネットの情報だと
「❝お歯黒❞側に切れ目を入れる」という説と
「反対側に切れ目を入れる」という説があり、
どちらにするか迷う。わかんないので両方やってみるか。

 

 

茹で上がり。

 

 

お歯黒側に切れ目を入れた方は……
押し出そうとしても薄皮の縁にひっかかってうまく出てこない。

まあ、剥いて食べればいいんだろうけど。

 

 

 

反対側に切れ目を入れたほうは、
すでに豆が少し顔を出しているので、押し出すと簡単に出てくる。
私はこっちのほうが食べやすい。
相棒はどっちでも変わらないと言って食べていた。

握力の違いか?!

 

 

 

 

 

 

| tri | | 22:41 | comments(0) | trackbacks(0) | -
ガーデンアルストロメリア

日陰気味でも育ち、露地植えで冬越しできるという
ガーデンアルストロメリアが種苗会社のカタログに載っていた。
これなら我が家でも育つかも! と思って昨秋注文してみた。

 

赤・黄色・白の三品種セット。
10月に届いたときは直径10cmぐらいの深型ポリポットに植えられた小さな苗だったが、
すぐに根が発達してきたので直径20cm・深さ25cmぐらいの深鉢に植え替えた。

↑これは3月の画像。思った以上に調子良く育ってくれた。

 

 

4月中旬、最初に咲いたのが赤〜オレンジ色のインディアンサマー(左)。
次に咲いたのが黄色系のサマーブリーズ(右)。

 

すごい! こんなに立派な株になるとは。1株から10本近く花茎が出てくる。

 

 

 

2品種よりも少し遅く、5月になって咲いたのは白いサマースノー。
花の中心部がピンクっぽいのがすごくきれい!

 

 

写真を撮っていてふと気づいた。
斑点のある花弁の根元に液体がたまっている。雨水じゃないよね?
舐めてみたら甘かった! アルストロメリアはこんなところから蜜を出すのね〜。
※花弁の内部の色が緑色で、蜜自体は透明。

 

 

 

ウチでも育てられるとわかったら、別な品種も育ててみたくなり……。
春カタログに載っていた原種系4品種のセットも買ってしまった。
こちらはガーデンアルストロメリアほど丈夫ではなさそうだが、

3品種はすでに蕾がついた状態でやってきたので、
とりあえず一度は咲くのを見られるだろう。

 

 

 

(左)ビオラセアブルー。ビオラセアとはスミレ色という意味らしい。
(右)モデスト。Wikipediaによると『ヨーロッパ系の男性名、姓、また地名。
「謙虚な」「控えめな」といった意味の形容詞。』だそうだが、控えめでもない鮮やかさ。

 

ペレグリナロゼアは蕾が膨らんでいるので間もなく開花しそう。
ペレグリナアルバは……今のところ蕾はない。いずれ咲いてくれたらいいな。
ペレグリナとは女性巡礼者という意味だそうな。ロゼアはバラ色、アルバは白。

 

 

 

 

 

| tri | 植物 | 18:15 | comments(0) | trackbacks(0) | -
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

このページの先頭へ